大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



室内板壁-2(完)

生命に危険をもたらすような暑さ?が続いているが、
じっとしているだけでは、精神的にも参るので、
汗を流すつもりで、時間を作って板壁の準備をしていた。

最初に面取(角を削る)して、カンナの荒削り、仕上げ、サンダー掛けと。
今回は180cm関連の板が70枚ほどあった。
その後、塗装して日陰で乾燥させた。



DSCF2347_kanso.jpg

無垢板を板張りしてからの塗装は、臭いがこもったり、何かと面倒なので、
外で塗り、数日乾かしてから張付け作業に移った。
臭いが少ないという塗装を使ったが、それでも微妙に臭いが残るようだ。


DSCF2348_zumen.jpg

現場あわせの板長では、枚数、塗装に影響がでるので、綿密に図面化した。
200cmの板を無駄が出ないように板割するのも、面白いと言えば語弊があるけど…。



DSCF2357_bf3.jpg

今回は机の裏の240cmの壁が板張りの対象だ。
一部張替え済みもあるが、机、本棚など移動するのはやりたくない労力だ。
木を切ったり、削ったり、磨いたり、ネジ止めするのは、苦にならないのに…。




DSCF2364_bf1.jpg

分割位置に3.5cm巾の桟を打つ。
腰壁風に62cm、178cmに分けて3.5cm巾の板を横に張った。
下地(石膏ボード)の下の横桟の巾が3.5cmなので、ちょうどの巾にした。
その上を10cm巾の横板を重ねて上下の板端を押えるつもりだ。





DSCF2368_bf2.jpg

横桟より上の177cm板は桟に乗せてネジを打っていく。
下の61cm板は床上の板に合わせてネジを打つが、
上と下の板が直線になるように位置決めしなくてはならない。
下地の壁紙が格子模様だったので合わせやすかった。




DSCF2371_bf4_201807281827230ca.jpg

上の横桟の場所は、最終的にはこうなる。
いくら計算しておいても、板を並べてゆくと最後に隙間が出来て、
板の縦割りが必要となる。
並べるときは、端にその細い板を持っていくのじゃなく、中間に滑り込ます。



DSC_4284_itakabe.jpg

終了1



DSC_4285_02.jpg

終了2



猛暑

DSCF2326_nigauri.jpg

日本列島あちこちで猛暑が続いているようだ。

風がない。

庭の花や周りの木々までピクリとも動かない。

そびえ立つ杉の間から時たま流れ出ていた冷風もない。

昨夕の夕立みたいな雨の痕跡もなくなった。

田んぼや畑の草刈りもやらねばならないが、この湿った空気の中では、ちょっと止めとこう….、

いい理由付だ!



室内板壁-1

暑い日が連日、続いている。
夜、網戸越しに流れ込む、林からのひんやり空気だけが救いだ。


この家に移り住んで8年目に入っている。
自分の遊び場?として使っている10畳ほどの洋室の壁紙を、
当時から張替えたいとは考えていたが、今回、無垢の板壁にすることにした。

最初は、安い杉板をそのまま貼り付けるだけで、済まそうと思っていた。
板の表面を紙やすりサンダーでなぞるだけで、それはそれで、趣のある部屋になるだろう。

また、ネットで見つけた壁の野地板張りも風情があって良さそうだ。
しかし、板の押さえや袋隠しに使おうと桧プレナー材を買ったら、そのつるつるした板の滑らかさに
感動し、綺麗に磨き上げるのも、また、いいのじゃないかと…。

手頃な電動カンナを使えば、労力だけで、材料費はそのままで済みそうだ。
手カンナはもっているが、相当数の板をカンナ掛けする気力はないし、腕もない。



DSCF2283_kana.jpg

調べて買った手頃なRYOBIの電動カンナ。
削りくずも凄まじく多い。(同時に集塵機も買ったが、外でそのまま垂れ流しで使っている…)
面取りも使えるし、結構使い勝手はよい。
82mmサイズなので、90mm巾の板には2回掛けしないとならない。
(面取りするとギリギリ大丈夫そうだけど、気を遣いたくないので2回で)



DSCF2280_bfaf3.jpg

比較の写真。
思っていた以上の仕上がりになる。
作業としては、まず、面取り、荒削り、仕上げの削り、最後に紙ヤスリのサンダー掛け、
を板数枚ごとにやっていく。




DSCF2303_chk.jpg

板張りは、最初から縦張りにしようと考えていた。
壁紙の下地(石膏ボード)の下の桟がどういう風に通っているか調べるために、
細い釘を打ちながら桟の位置を見つける。
上手い具合に横桟でその間隔もわかり、板の縦張りが出来た。




DSCF2296_tosou.jpg

無垢板を塗装なしで使うのが、木の呼吸を妨げない事だと分かっていたが、
表面の汚れなども気になるので、塗装することにした。
もちろん、表面に塗膜をつくらない浸透型でかつ自然塗料を選択した。
塗料は数多くあり、日本製でコスパの良い塗りやすいのにした。

張ってから塗ると面倒なので、板を切った後、並べて外で塗装した。
板を切ると言うことは、板の枚数を決めないとならないので詳細に計ることだ。
一枚1mmの誤差でもそれなりの枚数になると隙間が生じるからだ。





DSCF2305_aft2.jpg

下側は中央ネジ止め1本としたので、木表のため若干反ってくる可能性があるが、
面取りした分、目立たないかな…。
(本格的にやるには、相次ぎ継ぎの1本打ちにするらしい、
また、釘も丸頭の真鍮で板に隠すはずだけど…)



DSCF2307_af1.jpg

この部屋だけで、5種類の板長があり、今回は、窓枠上などの短い板壁だけの作業にした。
あと、180cm、240cmなどの長い板長が残っている。

100枚ほどの板切断、面取り、かんな掛け、塗装、張付けと作業には事欠かない…。


-----------------------------------
板壁用 6/26
1)杉材4分板 2m×20枚
12×90 1,320×5=6,600
2)杉材4分板 2m×20枚
12×90 1,320×2=2,640
3)杉材4分板 2m×15枚
12×100 1,530×1=1,530
4)ライトビス
500本 648
5)バトン 透明 3.7L 6,213

6)桧プレナー材 2m×5
10×100 1,274

電柵の取付

以前から準備しておいた電気柵を田んぼに設置した。
今まではネットを張っていた4枚田だ。

張り巡らす電柵の線に草が触れたら効果を成さないので、
その辺りの草刈りを念入りにやっていた。

午前中に草刈りと本体設置、午後から杭を立て線を引いた。



P7100024_den1.jpg



まず、全てのFRPポール杭に上下2つのフックを取付けた後、
線を引く場所に3,4m間隔で杭を立てて置く。

次に末端の方から、本体に向かって下段のより線を張り、次に上段を張り巡らす。
200mセットで30mぐらい残ったから張った長さは150~170mぐらいだろうか。
(片方は川沿いの斜面なので、張ってない)


P7100029_den2.jpg



田んぼの土手なので、高低の起伏があり、草の生長具合で直ぐに下段に接触がある、
といって、高めにすると、下を潜られるかも知れない。

本体を昼夜モードにして、電源ON後、末端の位置で付属の検電器LEDで高圧電流を確認した。
(イノシシは学習能力があるので、一度ショックを受けたら近づかないらしい。
実際に家の集落の農地では、赤いテープを張り巡らして居るだけで効果を出している)

設置は終えたが、効果を出すためには柵線、草管理が重要なので、見回りが欠かせない。


P7100028_den3.jpg





土手の補修

IMG_20180704_dno1.jpg


水路から溢れた水で、土手が崩され、一番上の田んぼに土が流れ込んでいた。

木の葉や小さな枝木が水路を流れて、水口を詰まらせることがあるので、
水口である取込み口には、金網を付けた箱を付けているのだが、
そこに木くずなどが引っかかると、水が留まり土手から溢れることがある。

特に大雨で風が強い時がそうで、今年の水守のIさんから朝方連絡をもらった。
そこは水路を造るU字抗がちょっと低目で以前から溢れそうな所だった。

畦波板と土嚢袋を持っていき、現地で竹を切り、土木工事をやってきた。
畦波板を立て、切った竹を支えにして、土を土嚢袋に詰めた補修をやった。


IMG_20180704_dno2.jpg



そもそもは、水門の所でゴミが流れ込まないように金網を付けておいたのに、
良く詰まるからと先日、水守のIさんがその金柵の縦筋を2本切ったのが遠因なのだ…。
(知ってか知らずか、Iさんが補修作業の手伝いと自分ちのスイカとキュウリを持ってきた…)




W杯トーナメント戦


外は台風の影響で嵐だった。
早寝して起きた早朝のテレビ放送も途切れ々の映像だった。

DSCF2276_n1.jpg


このスタメンだと安心して見ていられた。
柴崎のスルーパスは、最高だった。

香川、乾のコンビは、今までの代表の中では一番だろう。
あの場面でシュートを決めきる乾は、たいしたものだ。

世界ランク3位と60位の差を感じさせなかった。
しかし、そこのちょっとした違いが勝敗の差だろうか。

日本のボールテクニックは、世界に充分通用することを知らしめた。
夢と感動を与えてくれた今のスタメンと西野監督には感謝だ!



ゴミ箱

台所に置くゴミ箱をカミさんに頼まれた。
依頼されたデザインとは違うが、こちらは作りやすいシンプルな物にした。

いつも使う杉材は、ストックしており、9×200cmで1枚当たり66円。
5枚使ったから330円也か、設計、技術料の方が断然高いはず…。

雨が続いているこの時期、息抜きにはちょうどいいタイミングだった。



DSCF2261_gom1.jpg
雨の中、軒下で裁断。
細めの横桟は、9cm巾を半分に縦に切って作る。



DSCF2266_gom2.jpg
蓋は上に持ち上げて取り外す。




DSCF2265_gom3.jpg
塗装は時期を見て後から。
一応、椅子にも一時の物置台にも使えるように上は平にした。


カードをもらうな!


DSCF2251_500.jpg


試合開始から不安気な立ち上がりだった。
トーナメントに備えた主力温存策が裏目に出た。

GK川島は、なんとか面目を保ったか。

1週間が過ぎるのは、あっという間に思えるけど、
最後の5分間は、こんなにも長いんだ。

サッカーW杯、失点はもちろん、イエローカードも許されない。
1勝もせずに国に帰る分けに行かない相手のポーランド。

両国の思惑が一致した、でも、セネガルも気になる…、長い5分間だった。

次の相手は、今大会ベストチームと思っているベルギー、
現在の日本の立ち位置が見られる…、楽しみがまだ残った。


畦の草刈り

田植え後、2回目の草刈りだった。

P6250021_no123.jpg

水の溜まっている時期の草刈りは、ロープカッターがいい。
草刈機の金属回転刃の代わりに付けたロープで草を細かく砕いていく。

P6250030_no3_2.jpg

田植え後、23日目。
当初の弱々しさが大分消えてきた。

P6250019_no234.jpg

こういう時もある!
DSCF2242_nigauri.jpg


昨夜から外は、防風雨となっている。
南から強い雨交じりの風が、音を立てながら軒下に打付けてくる。

しかし、外は嵐でも気持ちは晴れやかだ。
昨夜のサッカーW杯だ。

勝ち点1が取れれば上出来だと思っていたコロンビアに勝利。
日本人監督になってチームが団結した結果だと思う。

最初のミーティングで
「俺は世界を知らない、みんなの意見を聞かせてくれ」
と正直に打ち明けた西野監督、これでまとまらないはずはない。

これで、リーグ突破が大きく近づいたが気を緩めないで欲しい!



DSCF2250_sako.jpg

鹿児島の大迫が良くやってくれた!
南日本新聞は1面トップを含め3面が大迫中心だ。



やっと梅雨らしく!

P6190013_no3.jpg
<6月19日>

田植えの頃を含め晴れの日が続いていた。
しかし、昨夜からの雨が、今週は続きそうだ。


P6120021_no1.jpg
<6月10日時点>
例年そうだが、今年も田植え後1週間辺りから、田んぼに海苔状の藻が発生していた。



P6190002_no1_after.jpg
<6月19日時点>
雨が降ると田面は綺麗に、透き通るので、雨を待っていたのだった。


何故、出てくるのかはっきり分からないが、
どうも水が冷たい水口に発生しやすいようだ。
3段の田んぼだと一番上の段に発生し、
次に2段目、そして、3段目の水口辺りに集中して出やすい。

棚田でも家の田んぼは、上の方なので水口辺りからでてくるが、
下にある田んぼでは、そんなに見られないのだ。

いずれにしても、今までの経験(少ないが)から、
成長には、そんなに影響を与えてない気がしている。

海苔対策には
1)全部水を出して田んぼを乾かすか、
2)薬で除去するか(そういうのがあるのだ)、
3)雨を待つか、
だが、1)だとオタマジャクシなど、今沢山見られる水生動物がかわいそうだし、
2)は効果があるが、できれば使いたくない。


(昨日は、家の田に拡がっている海苔を気にして、親しくさせてもらっているHさんから
電話をもらった…、今日からの雨でなくなったのでどうだろうか…)



田んぼ風景

家の田植えを終えて10日が過ぎた。

P6120010_tana1.jpg

この辺りでも、大体が田植えを済ませた様子だ。

P6120011_tana2.jpg

水を溜めた田んぼに苗が植えられ、淡い緑や水色となった風景はいい。

P6120016_tana3.jpg

色々な形が組み合わされた田んぼは美しい。

P6120017_tana4.jpg

いつまでも、残しておきたい風景だ。

P6120020_no1234.jpg



海岸

町の役場近くに行く用事で、久しぶり近くの海岸に寄った。
暫く、山と田んぼ風景に見慣れていたので、いい気分転換だった。




P6050010_k1.jpg
砂浜に生える草達も、里山の物とはやはり雰囲気が違う。
潮風に耐えられそうな砂地の植物だ。



P6050016_k2.jpg
今日は雨の予報だったので、雲行きも怪しい。
山の向こうに内之浦ロケット基地がある。



P6050015_k3.jpg
いつ来ても人が少ない、いや、人影さえ見えない。
波音、潮風の香り、海もいい。



P6050020_k4.jpg
松の木がトンネルを形作るのも、山と海の大きな違いだろう。



ビワ

毎年、田植えの頃がビワの収穫時期だ。
いつも、カラスとどっちが早く食べるか競争になっている。



DSCF2166_biwa1.jpg
手でもぎれる高さののは、のどの渇きにもってこいだ。



DSCF2175_biwa2.jpg
1本のびわの木だけど、朝から三脚を使って、結構な量取れた。
ご近所さんへの差し入れなどになってくれる。



DSCF2182_biwa3.jpg
自分ちの分は、ザラメを使ったシロップ煮にした。
(皮むきは非常に手間が掛かったが…)



DSCF2186_biwa4.jpg
1年間ぐらいは優にもつ。



DSCF2178_biwa5.jpg
上の方は、鳥たちにも残しておこう!



田植え

朝6時過ぎ、田植機を乗せた軽トラで田んぼに向かう。
天候も晴れ、4枚田もいい水加減だ。

早速、No3,4と田植機を走らせる。
水の多めがやりやすい、幼苗の高さもあるので、実際は田面スレスレがいいはずだ。
実際はそんなに一様に平に出来ないのが実力で、水の高さがまちまちなのだ。

No1,2と全て終えたのは、10時頃だっただろう。
棚田は、昨年と同様、30cm間隔での田植えを頼んであった。



IMG_20180601_taue1.jpg
農協に注文してあった苗箱を前日に取りに行き、田んぼに置いていた。



IMG_20180602_taue2.jpg
歩行型2条植機での足跡が残っている、冷たい水の中は気持ちよい。




IMG_20180602_taue3.jpg
植えた直後は頼りなさそうな苗も、すぐに稲らしくなるはずだ。

今までの一連の集大成がこの田植え、後は水管理と土手の草刈りが主な作業か…。