大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



味噌作り(2日目)

今朝も風もなく秋晴れで清々しい日だ。
昨日の続きでロケットかまどを使って今日も一日火の番だ。
剪定後、立て掛けておいた木々や古くなった竹類が燃料だ。



1)大豆を蒸す
DSCN0536_daizu1.jpg
一晩水で浸しておいた黒大豆、白大豆2種類をそれぞれセイロに入れ
4時間ほど蒸す。

2)蒸した大豆をつぶす
DSCN0541_tubusu.jpg
1台4役をこなすという家庭用餅つき機の『つぶす』機能を使う。
僅かしか入れられず、全て細かくつぶせないが、昔の味噌のつぶし具合だ。
何回も使っているうちに、突然回転しなくなった。
取説をみると連続で使うと動かなくなるので、1時間ぐらい電源を抜いてくださいとのこと。
残りが少なかったので良かったような物を…、蒸し上がった大豆をどうする…。

また、ロケットかまどに火をつけてセイロを暫く蒸す(保温か)ことに…。

3)麹菌の麦とつぶした大豆を混ぜる
DSCN0544_mazeru.jpg
時間がかかった大豆のつぶしだったが、それまで出来た分を麦と混ぜている時間で、
餅つき機が再稼働したので残りを済ませた。

大豆も自家栽培だし、今年の味噌作りは、全くの手作りとなった。


おまけ)
DSCN0525_kamado1.jpg
連日のかまどの火の番と力仕事が主の任務であった。
ブロックを並べた組み、ステンレスかまどを乗せただけのロケットかまどは優れものだ。

DSCN0527_kamado2.jpg
小さい木々や古竹で強烈な火力を作り出す。
炎が吸い込まれている様子がわかるだろうか、
燃やすのは手前側の方が燃えやすいし、火力も強く吸い込まれていく。
但し、良く燃えるので次々に燃やす物を入れるため近くに付いていないとダメな事か。

しかし、古代から人は火を使ってきた、
今では殆ど体験しないだろうが、
ゆらゆらする炎を眺めて落ち着くのはそういうDNAがそうさせているのか。

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/946-06ac22e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)