大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



石窯 (設計)
kama_s1.jpg

石窯の検討の時点では、日干しレンガを作って組むことにしていたが、
市販の耐火レンガを使って窯本体まで組むことに修正した。
理由は、日干しレンガ用土が入手しにくいのと窯本体への耐火レンガの使用個数は
そんなに多くないことが考えられるからだった。


kama_s2.jpg

基礎部に使うブロックと耐火レンガの個数を割り出すために3D画像を描いてみた。
本体の窯ドームは載っていないがイメージはつかめるはずだ。



窯_DSCN0091_takekago

窯の内部にあたる高さ35cm、直径70cmのドームを田んぼ近くで伐採した竹を割いて組んだ。
この後、新聞紙を張り仕上げるが、この周囲に耐火レンガを積んで耐火セメントで埋めていく。
最終的には燃えてなくなる可愛そうであるが重要な竹かごだ。

竹で組んでみて改めて感じたが、竹籠はすごい力に耐えうるだろう、すごく頑丈だ。
(中国の映像でよく見かけるが、まるで鳥かごだ。鶏を捕まえたり、一時入れておくのにも使えそうだな…)



窯gousei_1

ドーム型の窯本体は決めているが、周囲はこのままにするか、2段式にするか、まだまだ設計中。
石窯を設置したらどんなイメージかな…。

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/923-be0effd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)