種おろし

12列2行(4列だけは3行)の畝に作柄を割り振った。
2,3種は決めて残りは、結局は適当になったが。

敷地に生えている竹を割って作った番号札を畝に順に付けて行った。
そして昨日は2B(2列2行目)に「さやえんどう」を
今日は6Bに「時無大根」、7Bに「白首夏大根」の種をまいた。
P1040917_f1.jpg

P1040916_f1.jpg
「日本絹莢豌豆」は3粒づつ40cmほどの間隔でまいていった。
種と同じほどの土を被せたたいて締めた。

P1040924_f.jpg
大根はいずれも3~5cm間隔で1粒ずつ種を降ろしていった。
その後、わずかの覆土で軽く手で押していった。
関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター