大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



黒豆、緑豆の育苗
今年は黒豆に加え、緑豆を追加し直播と断根して移植する二種類でやってみることにした。
(断根に関しては今までの移植ダイズの育苗参照)

DSCN9556_daizu0_1.jpg
1)7月18日:一つの苗箱に播種

DSCN9559_daizu0_2.jpg
2)7月18日:布を被せてに覆土

DSCN9600_daizu1_1_20140731175231048.jpg
3)7月23日:太陽光に当てる

DSCN9630_daizu2.jpg
4)7月24日:断根した茎を移植(奥の寒冷紗の畝)
今回、断根して一度トレイなどで育苗せず、断根した茎をそのまま畝に挿した。

翌朝、ジョーロで水をやっていたら隣のKさんが、「寒冷紗(かんれいしゃ)を掛ければいいかも」
と、8月にならないと使わないキャベツ苗用の寒冷紗を持ってきてくれた。
一つが相当長く、12mの畝二つ分に使ってもまだまだ残っている。
昨日(30日)の時点で断根した黒豆、緑豆も根づいているようなので、寒冷紗も外そうと思っている。

手前の成長している苗は、苗箱に播種した日に直に2畝に播いた分。
緑豆は芽を出してから十数本は、ハトにやられてしまったので追加して播いている。
(紐(テグス)を周りに張ったが、効果が薄いようだ、畝の上に直に張った方が良い)
そして黒豆は、隣のKさんも言われていたが、どうもハトやカラスの鳥にやられないようだ。

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/903-c45cb466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)