栗の木林の草刈

DSCN8847_kuri.jpg

年に3回ほど草を刈っているだけで、薬も肥料もやっていないが、
秋には大小の実を落としてくれる栗の木。

冬に落とす自身の葉が幾重にもなった柔らかい絨毯畑だ。
1反(1000㎡:300坪)近くあり刈払機でも合計6時間近くなるので2日に分けてやっている。

本当ならもっと小さく剪定すべきだったろうけど、ここを引き継いだときには巨大になっていた。
枝を外に伸ばしているので、隣のKさん家の畑にも実を落とす。
拾われた栗を持って来られるので、自由に拾って息子さん達にもやってくださいとは言っている。
(迷惑な栗の木なのかもしれないな…)

夏でも涼しい空間でもある、藪蚊が出なければ……。



関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター