大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



掛け干しのいろいろ
稲を刈り取った後の天日干しのやり方は、地方によってそれぞれだろう。
呼び方も稲掛け(いねかけ、いなかけ)、稲機(いなばた)、稲架(はさ、はざ、はせ、はぜ、はで)掛けとあるらしい。

横に渡す竿は竹が殆どであろうが、それを支えるのは、竹だったり杉木だったり鉄パイプだったりとあるし、垂直に立てたり斜めに支えたりと様々だ。

この地域でも隣にいくと違うやり方があり意識してみるとおもしろい。
自分が稲作りをしていない時には、竹の立て方など注意することはなかったが…。
以下は、車でちょっと移動した際の隣の地域の掛け干しだ。

DSCN1784_h1.jpg
竿を支える稲木が間伐材らしきので立てられているし、おそらく台風用の補強であろうが、
長い木で横を支えている。

DSCN1793_h4.jpg
横に渡す2本に稲束を掛け、ビニールを付けている。

DSCN1791_h3.jpg
横に渡す2本に稲束を掛け、それを支える稲木にも稲束を掛けている。

DSCN1786_h2.jpg
横に渡す3本の竿に稲束を掛けて、上段だけにビニールを付けている。。

DSCN1795_h6.jpg
横に渡す3本に稲束を掛けるバージョンを前から見た。

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/759-5cf5471a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)