大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



屋根が付いた。
*鶏小屋[屋根]

DSCN7342_yane1.jpg
屋根は前日までに地上で、タルキと横に張る材を取り付けておいた。
この約4m四方の大きさをそのまま持ち上げられないので、
二つに分解しておいて屋根上でつなぐだけにしておいた。
(波板まで地上で張って持ち上げられれば最も効果的なのだが…、
8尺:約240cm、幅65cmの波板8枚だと大きいし重い)


DSCN7360_yane2.jpg
両端は防腐剤を塗り、一応、8枚の波板を置いてみて、はみ出る部分、全幅など確認しておいた。
波板は何回か張った経験から最初の1枚目の位置が、しっかり固定されないとそれに合わせて
並べていくので最後がずれてしまう可能性があるからだ。
本来、波板の笠釘を打つ位置は、あらかじめドリルで穴を空けておくべきなのだが、
非常にわずらわしいので、直接、打ち込むことにした。
(波板は山の位置に笠釘を打つので、ドリルで穴を空ける時は裏返しにして、
谷の位置に、又、まとめて空けるようだが、こちらの屋根のさん木は全て同じ位置に
なっているようには思えないので、1枚1枚やることになるので…)

DSCN7393_yane3.jpg


DSCN7399_yane4.jpg
屋根の波板を取り付ける二つに分けた組んだ材を一組づつ上にのせ固定する。
屋根だけ風で飛んでいったら笑いものになるだろうからしっかりと。
いや、鶏がかわいそうだ。


DSCN7412_nami1.jpg
地上で印を付けておいた一番目の位置に波板を取り付ける。


DSCN7414_nami2.jpg
午後から取り付け始めた波板8枚目を終えたのは午後3時半。
日が傾いたこの時間、波板の明るさがまぶしい、お疲れさんと言っているよう…。

DSCN7433_nami3.jpg
なかなかの張り具合だし、これで雨が降っても大丈夫になった。

DSCN7423_zenn1.jpg
約8㎡、約5畳ほどの広さの小屋が屋根付きとなった。
鶏さんには勿体無いかな…、中で宴会も開けそうだし、
バーベキューも雨を気にせず下も地面だし。

そういえば昔、毎週末、子供達の練習後、サッカーコーチ達で公園の片隅で反省会?やってたっけ。
今でもやってるのかなあ…、雨の心配の要らないここを貸してやるんだが…。

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/594-34c9a889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)