大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



門松作り手順
DSCN7009_e1.jpg

昨日の我が家の門松は花壇の土に直接立てたが、ここでは、
一般的な門松を実家用に作った手順で残しておく。


DSCN6970_c1.jpg
1)竹の切り口を斜めにして手ノコで切り落とす。
切る長さを決めておいて斜めに仮線を引いておく。
節のところを中心か、やや節が下になるように決める。
(この切り取った面が口の形になるので)
左右それぞれ3本づつ6本用意する。


DSCN6972_k2.jpg
2)3本の切った面を揃うように並べて紐で結ぶ。
下の方を揃えるには、3本まとめて切り落とす。


DSCN6988_k3.jpg
3)竹を立てる大きな桶や鉢のある時は、それを使えるが、この場合、
ワラと市販のバケツを用意、100均のバケツを手提げをつけたまま使った。
また、上が大きく底が小さいので下に木の枠を作った。
上は丸、下は四角だが出来上がりの違和感はない。


DSCN6989_k4.jpg
4)下にヒモを回しワラの根元を下に適当に並べる。
下側と上側2箇所で仮にヒモで結んでおき、ワラを均等になるように置いていく。


DSCN6991_k5.jpg
5)上下2箇所をしっかり縛ったあと、下側を底の位置にあわせて切り取る。
上側は後で中に折り曲げるので、曲げた後、元に戻らないぐらいの長さで切り落とす。


DSCN6993_k6.jpg
6)ワラの下をカット、上を中に折り曲げた状態。
この中に3本くくった竹を入れるので適当でいいだろう。


DSCN6995_k7.jpg
7)竹を入れた状態。
一度入れて抜くとガタガタのなるので結び目の位置など決めてから差し込む。


竹の周りは、葉牡丹や飾り物を土と一緒に入れることになるので、
バケツの径が大きい方がいいかもしれないが、この大きさでも結構いろいろ差し込めるようだ。

飾りつけは、みんなでやるとあれもこれもと冒頭の写真みたいにワイワイいいながら、
賑やかになっていくもんだ。


関連記事


コメント
門松
「門松作り手順」
大変参考になりました。
早速チャレンジしてみます。
[2012/12/29 19:21] URL | 豊田年男 #ouagpXew [ 編集 ]


是非、自作してみてください。
なかなか楽しめますよ、作った本人は!
[2012/12/29 20:07] URL | 新米農家 #8KRgjsmU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/581-8c8a3b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)