蒸篭(せいろ)設計中



田舎暮らしでは、外で何かと焚き物が出来るのが特権だろうか!

カミさんの実家に置いてあった大工さんが簡単に作り上げたという蒸篭(せいろ)を
我が家なりに作ってみようと思う。
さすがプロが作ったもの、寸法を測りながら細かいところは、そう簡単に出来そうにないと
つくづく感心してしまう。




しかし、素人はシロウトなりにやってみようと、早速、材木を買ってきた。
ホームセンターでばら売りしていた幅24cm、厚さ15mm、長さ200cmの杉材を5枚で1700円で購入。

我が家のかまどに乗る羽釜は直径33cm、これに合わせて寸法を調整しているところだ。
1)底になる分、2)中段二段分、3)蓋の分
さて、どんなのが出来上がるか、楽しみである。

関連記事

コメント

ごー

せーろ
竹でも作れるんじゃない?

山口孝志穂

いいねぇ~

新米農家

せいろ
ごーさん
味噌作りに20kgの麦を蒸すから…、
木のほうが丈夫だと思って。

中は竹を敷いてもいいかも。
非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター