タマネギの定植

タマネギは、肥沃の土壌でないと育たない。
昨年の経験から言えることだが、200本ほどの種からまいて育てたのも、
購入した100本ほどの苗も、草と共に植えている我が家の1年だけの自然農では、育たなかった。

タマネギは地力が要るそうだ。
今年は耕し、有機肥料を与えビニールマルチでやってみようと思っている。

DSCN6021_tama1.jpg
一番端にある、前回、さつまいもの種芋を植えて苗を取った畝をタマネギ用に使ってみる。
耕運機で耕し、ある程度経過した後、石灰をまいて耕運し、
その翌日、米ぬか、有機肥料、堆肥を入れてさらに耕運機でかき混ぜておいた。
これで4,5日ほど経過させた。

DSCN6043_tama2.jpg
そして、バーベキュー用の炭を小さく砕きばら撒いた後、

DSCN6053_tama3.jpg
軽くレーキでかき混ぜビニールを張った。


DSCN6059_tama4.jpg
そのビニールマルチのタマネギ用移植穴は、ガスボンベバーナーで空けていく。
最初は、穴の大きさが定まらない、大きくなったり小さくなったりと、
バーナーを近づける距離感がつかめなかった。


DSCN6068_tama5.jpg
苗は、田んぼ近くの種苗店に今日、午前中注文して午後取に行った300本だ。
いろいろあるというので、超極早生の浜笑、極早生の若丸、早生のソニックの
3種類にして、時期をずらした出来具合を見てみようと思っている。

実は、苗床で自家製タマネギ苗を発芽させたのだが、どうも生育が良くないし、
去年の失敗が甦ってくるので、種苗店ののにした…。

関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター