作物も人も同じか?

DSCN6032_c1.jpg

いい環境で育てるとりっぱに育つのか!

作物にもよるが、いい環境とは日当たりのいい場所だし、悪い環境とは、陰になる時間が多い場所だ。

畑も場所によっていろいろあるのが常だろう。
苗を移植する場合でも丈夫そうな苗をいい場所に植えるのか、
それとも、少々日当たりが悪くてもこれは育ってくれそうだからと植えるか。
元気のない苗は、いい場所に植えるか、それとも捨てるつもりで悪い場所か、いつも悩んでいる。

そのさじ加減で決められる苗もいい迷惑なのだ。
元気な苗がいい場所で育つのは当たり前だが、捨て苗のつもりで植えたのが、
元気にりっぱに育ってくれると嬉しくなって、つい褒めてしまいたくなる。

苗床を作って種を蒔いたのに育たず、何もしないでほったらかして芽を出す場合もある。
「耕さない」自然農では、昨年のこぼれ種が芽をあちこちから出している。

冒頭の写真は植えた覚えのない場所にチンゲンサイ、野らぼう菜が芽を出してきた。
子孫を残そうとしているたくましさに、取って食べてしまうのが、かわいそうな気がする…。


下の写真では、畝と畝の間の通路に大根が芽を出して歩けなくしてしまった。
前回、大根を植えて種を採るためしばらく置いていた畝の溝だった。
あまりあれこれ手を加えない方が、うまくいくときは上手く行く、育つ時は育つ、そんなもんだな…。

DSCN6030_c1.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター