大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



ロケットストーブ試作
DSCN5815_c1.jpg


桜島の灰が大隅半島方面に来るようになった。
今日は、外にいると降ってくるのがわかる、そういう午前中だった。

ネットでロケットストーブのことを目にした。
どうしても作ってみたくなり、不用品を利用して原理なり効果なりをみてみた。

DSCN5796_c1.jpg
利用したのは、ペイントと混合ガソリンの空き缶と雨どいの管だ。

DSCN5802_c1.jpg
空き缶の上部を切り取り、下方に雨どいの管が通る穴を空けつないだだけだ。

DSCN5803_c1.jpg
ペイント缶の中央に置いた雨どい管の周りに断熱用にのぼら土を入れた。

DSCN5811_c1.jpg
カセットコンロの五徳?をのせ、早速試しに火をつけた。

DSCN5812_c1.jpg
うまく炎も煙突に吸い込まれていくし、竹を入れておくだけで、下のほうからもえていく。
煙も吸い込まれていく。


いくつか、問題点もわかった。
1)まず煙突は冒頭の写真のように高い方がよく吸い込みがよい。
2)そして管の穴を空ける位置は、底から若干高めがよい。
3)薪をいれるところは広めにするか、通気口を少し空けてやる(ドリルで2つ空けたが)。

入れた廃材も全部燃え尽きるし、少ない枝木などで火力はつよそうだ。
レンガでつくる本格的なロケットストーブも安価で作れそうだし、いろいろ出来そうな気がする。

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/540-36d2311c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)