大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



稲の日干し用竹取
DSCN4960_c0.jpg
今年の稲架(はざ)かけ:(稲の日干し)には、稲木が相当入りそうだ。
稲と横に渡す竹を支える3本一組の2m足らずの竹だ。
鉄パイプも20組ほどあるのだが、昨年の経験からして30組以上は追加が必要だ。

DSCN4964_c1.jpg
そこで手植えの田んぼの横の竹山から採取することにした。
ヤブ蚊対策も万全にして、薄暗い猿の通るけもの道のあちこちから入り込み、
竹を選びながら奥へ奥へと進んでいく、なるほど猿が通りそうなけもの道だ。

DSCN4962_c2.jpg
適当な大きさで丈夫そうなのを探すがなかなか見つからない。
竹は切り倒そうとしても上がつるで巻き込んでいたり、隣にあたったり、
竹藪の中で枝を落としていくのも一苦労だ。
結局、下だけ切った宙吊りの竹が何本か出来てしまった…。

DSCN4959_c3.jpg
30本程を切り倒してきた、ちょっとの間だが、田んぼで乾燥させよう。
これでも、まだまだ足りない。


関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/509-ae29a9be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)