大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



田植え
DSCN3102_c1.jpg

昨日、離れている2箇所の2枚の田んぼを2条植え機で田植えした。

朝から快晴で5時半ごろ起きて20枚の育苗箱にウンカなど害虫対応用の
粒剤をふり灌水をし田んぼに運び入れた頃は7時。
田植え機を軽トラで運び田植えを開始する頃は予定の8時過ぎだった。

田植え機の持ち主の従兄弟のKちゃんを呼んでいたので最初のアドバイスをいくつかもらった。
畦脇を仮に植え始め、これでは水が多すぎて苗が埋没するところもある、ということで、
水口は止めていたのだが、出水口をはずし落ち着くまで暫く待った。

昨日と違い天気は良好だ。
周りの田植えは大体終えていたり、随分後からとやり方はさまざまだ。
この日は2組ほどが出ていたか。
植えた後の車輪に沿って田植え機をゆっくり進める。

この歩行式の田植え機を使う場合、サッカーをやっていた人には難しいかもしれない。
一般的にそういう人は歩きがガニマタ(外また歩き?)が多いのだ。
植えられた苗の間に(1本の木の上を内股で歩くような)慎重な足の運びを要する。
前と足元を慎重に見ながら、かつ、植える先を想定しながら進める。
本当は素足が一番なのだが、デリケートな我が足にはひざ近くまである田植え用長靴を履かせている。
足を抜く時に泥と水の抵抗を受けるので力が要る。
すぐに慣れ、苗が順々に植わっていくと事が進んでいく快感も味わえる…。

角や縦横の交差の部分は機械で出来ないところは、カミさんの出番だ。
今回は苗の本数は少なめだった。
足らないだろうと予想していたのだが、4箱も余ってしまったので田んぼに置いている。
植え終えた頼りないが苗の並ぶ後を見るとやっぱり達成感がある…。

DSCN3125_c1.jpg

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/453-0a7b93b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)