これは何に使う?

DSC_5994_c1.jpg

田んぼの出水口は井出板と呼ばれる板を上げ下げして田んぼに留まる水量を調節する。
排水管のパイプの前に置いた板を土に深く埋めたり板を足したりして
高さを調整するするのだが、やり方はさまざまだ。

昨年は上の初期バージョンを作ったり、先人が使っていたと思われる小さな杭を
両脇に打ち板をはめていた。
それでは、小さな穴が出来ると水圧で土が流れ出たり、水位の上げ下げに不便だった。

今回、埋める部分を高くしたのと一番上の板を上げ下げ出来るようにして
全出水口分をその幅に合わせて作り、排水管のパイプの前に土に埋め込んで置く。
田んぼでは水を溜めると水圧がかなりあり、水位1cmの違いでも水量は相当異なる。

また、下の泥が緩むと水が流れ出て大きな穴に成長し水が溜まらなくなる、
深く埋めておけるようにした。

DSCN2949_c1.jpg

ちなみに上は取水口の水口(みなくち)に取り付ける上流から流れてくる葉っぱなどが
詰まらないようにようにするカバーだ。
左側が我が水口用で昨年金網で作っていたが葉っぱが引っかかりやすかったので
今回、網目のプラスチックケースを使って杉板の荒材で枠止めして作った。

関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター