時差と星の輝き

東京にいた頃と違い朝の夜が明けるが遅く、夕方の日が長い。
日本列島が西に伸びているのを実感する。
夕方5時ごろは、暗くなっていた気がするが、こちらでは、6時ごろでも明るいのだ。

国立天文台による(1月9日)
東京   日の出:6時51分 日の入り 16時45分
鹿児島  日の出:7時18分 日の入り 17時31分

ただ、夜になると家の近辺には、街燈がなく夜には真っ暗になる。
その代り、星が本当に綺麗だ。
どれが、オリオン座がわからないぐらい、周辺の星が輝いて見える。
見ている我々に「星が降り注いでいる」という言葉の表現通りだ。

まだ、行ってないが、近くには輝北天球館があり、
「桜島が望める高原にある輝北天球館環境庁主催のスターウォッチング・ネットワークにおいて,1991年から4季連続日本一になった星空が美しい場所です。
これを記念して1995年,宇宙をイメージした輝北天球館が造られました。口径65cmカセグレン式反射望遠鏡をはじめとして,惑星や盛運などの写真展示等があります。」
という説明がある。
関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター