自作羽釜の木蓋

DSCN2388_c1.jpg

昨年買った33cm径の羽釜(はがま)に蓋は付けてなかった。
この大きさでご飯を炊くことはなく、径45cm羽釜の金属の蓋や他の蓋で代用していたが、
今回、木蓋を自作してみることにした。

一枚板とはいかないが、余っていた2×4材と2×6材を使って、
組み合わせも切り込みでなくビス留めだが、厚さ4cmの重みのある蓋が完成した。

市販品だと5,6千円以上はする。
有り合わせの組合せだが使い込んで煤(すす)などが付き貫禄がついて馴染んで来て欲しい。
なによりもカミさんが喜んでくれた…。

関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター