大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



畦(あぜ)の草刈
DSCN2112_c1.jpg

慣行農法での田んぼの「荒起し」前の準備として畦周りの草刈を2時間ほどかけてやった。
昨年はあまり意味を意識せず草刈したが、今回は1年の経験がある。

おそらく畦の土手近くは、耕運機での草ごとの「荒起し」がやりにくいのと
土手との境目をしっかり見極める目的でやっておく必要があると思われる。

今回は自分で耕運機を使ってやるつもりなのでやりやすいことを意識した。
これから「荒起し」、「中起し」、「代かき」と耕運作業が時をおいて続いていく。

刈払い機を使って作業をやっていたら、隣の田んぼの私よりずっと年配のベテランの方が一生懸命、
ビーバー(草刈機)を動かそうとされていたので手伝ってやった。
私がやり始める前から使ってやられていたのだが、途中で止めてからかからなくなってしまったらしい。
こちらも詳しくないのだが、持ってきていた混合油を入れたり開けすぎたチョークを戻したり、
非常に古いタイプのビーバーで四苦八苦だった。
なんとか動くようになって、農業のベテランに感謝されてしまい気恥ずかしい思いと達成感が交錯していた
(実際は、偶然動いたようなもんで…)。

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/412-066abbaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)