杉材の切出し

P1070827_f1.jpg

背の高い木の間に生えた若木が、上の方で枝を広げられなくて
成長が止まり枯れてゆきそうな、そんな木を二本ほど切った。
木の世界でも生存競争が激しく、枝葉を広げ光合成が出来なければ
撤退するしかないのだろう。
上を望むと確かに回りの木に天空を覆い隠されている。

真っ直ぐ伸びていて丸太のまま使える手頃な太さは、使い道が多い。
2mぐらいに切ったら杭にもなるし、長いままでも使える場所がある。

1本目は、思った位置に倒せたが、2本目はちょっとずれて隣の木の枝に
引っかかってしまった。
引っ張っても押しても、横に広げた枝が絡み合って動けなくなってしまった。
結局、長い竹を支えに元に戻すように立たせて、やっと抜け出せた。
これが、もう少し太い杉だとおそらく脱出できなかっただろう。

山での仕事は、木漏れ日もあり空気も綺麗な森林浴で、
ほっとできるひと時でもあり、好きな作業の一つだ。
今回は小さな杉の木だったが、それでも思った位置に切り倒す、音を立てて倒れていく爽快感は
男ならきっとなんともいえないだろうと思う。
木は倒れてもこれから先、別な場所で違う活き方で役に立つのだ。

P1070830_f1.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター