大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



大晦日に振り返る!
DSC_4345_f1.jpg

この地での2回目の大晦日も普段と変わらず過ぎてゆく!
(ただ、畑や田の神さーには焼酎を持ってこの一年のご挨拶をしてきたが…)

そしてこの一年を日記で思い起こすと
一月: 年初めは大雪だった。家の前の自然農の畑の畝作りに精をだしていた。
二月: 茶の木の剪定、畑に初めて種を蒔いて発芽に一喜一憂していた。田んぼの取得手続きも。
三月: 中古の軽トラ購入、田んぼの苗床作り。
四月: 畑の種降ろしはサツマイモ、大根、オクラ、キュウリ…多種多様になった。農業従事者の認定。
五月: 自然農の田んぼの苗床に種降ろし、溝堀、畦塗り…。
六月: 慣行農法の機械植えの田植え、自然農法の一本植えの手植え。
七月: 自然農法田の水漏れ、予期せぬ古代米対応で悪戦苦闘。
八月: 初めての出穂、稲の花に感動!
九月: 慣行農法田の稲刈り、自然農法田は手刈りの稲刈り&はざ掛け天日干し。
十月: 田んぼの収穫の脱穀作業。
十一月: ネット販売所の開設…。
十二月: 畑での黒大豆の収穫他だが、やっと農閑期。
となる。

毎月を一行で表すとざっとこんな感じだったが、あまりにもいろいろな出来事のあった短い一年だった。

作物を栽培するということは長い時間を要する。
種を蒔いて1週間後に食べられるというものではないということだ。
殆どのものが数ヶ月かかって成長し、そしてその作物の旬という時期に収穫する。
その旬の時期に味わうのが本来のおいしさを引き出せると言える。

この田舎での暮らしをやらなければ、おそらく知らなくて体験できなくて一生を終えるかも知れなかった。
稲、野菜作り、いずれも思い通りに進まないことが多々あった。
これからもきっとそうだろう。
知らないことがあまりに多く、どうなるのかもわからないことの方が多かったが、
この農ある暮らしの一年目は変化に富んだ、苦しいより楽しかったと言えそうだ。

来年は初めての体験が少なくなっていくだろう。
貴重な経験をただちょっとだけ積み重ねただけだが、
これからも、どんなことでも新鮮な気持ちで取り組んで行こうと思っている。

DSC_4258_f2.jpg
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/317-da995d0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)