大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



草焼きのひととき
P1060449_f1.jpg
自然農でやっている田んぼの川向の地目:田の整備を行った。
今度、蕎麦を蒔こうと考えているので、ヤブ状態になっていた
田の草刈を昨日やったので、今日は、草焼きだ。

隣の田のMおばさんも昨夕から草を集めて燃やしていた。
土手に生えている乾燥したカヤが一番燃えるので、
まず、近くで集めた杉の葉を一番下に、そしてカヤをその上にのせ、
燃え上がったところで生の草を積み重ねておく。
時間はかかる(一昼夜)が普通はこのままほっとけば燃え尽きるのだ、
だが、今日は昼から雨だ。

草も乾燥させれば一番いいのだが、雨模様だったし、実は、
昨年も使われてなかったこの田を明日、耕運してもらうためだ。

三段になっている田んぼであるが、これからは、畑としても使おうと思っている。

隣でやっていたMおばさんも家からもってきた杉の葉や、
乾燥したカヤを集めたり手伝ってくれた。
手際はやはり農家のプロだ。

朝食も摂ってなかったので近くでアンパンや飲み物を買ってきて
Mおばさんと二人で土手の上で一息つくと昼前だった。

P1060454_f1.jpg
さて、こちらは、慣行農田の水口にある”ろ過箱?”を取り替えた。
以前、とりあえず作って使っていたのだが、小さいため(水に埋もれていた…)、水路を流れてきた葉っぱなどが、
すぐにとりついて、吸引力が落ちて水が流れなくなる現象が度々あったのだ。
今までは、家ののが一番小さかったのだが、今度はデカイの(一番左)を据え付けてやった。
水は左から右へ流れていて、枝木や葉っぱなど、家ののに最初にまとわりつく、
今までの短い体験上この大きさにしたのだが、さて、結果は!
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/221-5857d0a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)