田の水調整

田の管理で水調整は非常に重要な仕事の一つだ。
慣行農法用の田の水口は隣の田と同じところに水路の下の方に50Φのパイプが3つ並んでいて
一番左がうちのので、他の二つには山から流れてくる木々や葉っぱなどが
詰まらないようにネットの箱が被せてある。

うちののはL字管をつけて川下に向かわせゴミが入らないようにしたのだが、
水口への吸引力は相当なものでそれでも葉っぱが付くことがある。
詰まると水の供給が少なくなり土が見えてくるし、供給が多いと水かさが増し、
水没する苗は育たなくなる。
合わせて出口も高さを調整して田の中に水を長く残すか排水するか、管理する。
特に、機械植え用の苗は、小さく簡単に水没する大きさだ。


給水の方は、50Φの塩ビ管に蓋に大きさを変えた穴を開けたのをつけて取り替えながら
使うつもりだったが(Oさんもやっていたので)吸引力が強くて簡単にはずせないのだ。
今日は、結局、L字管ごとはずして、改めて家ではずそうと試みたが、水圧でねじ込まれたようだ。

それで取替え方式はやめることにした。
そして、こちらも自作のネット付き箱をつけて水口に被せて穴の大きさは、私のオリジナル木片をはめて調整することにした。
昔からの人は、竹の節部を使い、穴の大きさの違うのをいくつか用意してパイプに差し込んでいたようだ。

どのくらいの水量がいいのかまだ、つかめないので何回も田に通っている。
機械植えの田植えは7日の予定なのでそれまでには、調整を終えないと…。
明日は、自作のネット箱もつけて様子をみてみよう。
P1050667_f1.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター