家紋



家紋を杉板に彫ってみた。
我が家の家紋は「丸に立ち梶の葉」。

下記の一連の作業は、合間に思い出したようにちょっとづつ進めたので、
結果的には長い時間で出来上がった。


DSCF4717_kamon_hori.jpg

A4の用紙に家紋を印刷して杉板に張付け、まず、鉄ペンで形をなぞって写す。
その後、小刀で切込み、トリマで輪郭を彫っていくのだが、葉っぱの葉脈の大きさのトリマビットを
持っていなかったので、3mm(欲しかった2mmのストレートビットがなくて)をネット注文。
A4の用紙より太い葉脈になってしまった。



DSCF4738_kamon_iro.jpg

彫り終えた家紋に白と黒で彩色。



P5060004_kamon_waku.jpg

初めは丸部分で切取り、分厚い板にでも張付けるつもりだったが、
このまま、枠をつけて納めることにした。
枠用の棒材は45度に切断する前に、板厚用に16mmストレートビットで溝を彫る。



DSCF4745_kamon_kan_1.jpg

最後に透明ニスを塗り、手作り感満載の家紋が出来上がった(2020-05-06)。
大きさ 縦:40cm、横:30cm。


関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター