大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



屋外用階段-1

「ぐらぐらしているので、補修して欲しい!」

カミさん実家の母がいつも使っている階段と手すりが、一部不安定になってきている。
ブロックとセメントで造られた石の階段は別にあるのだが、汎用的に使っている方だ。

踏み段はU字溝を組み合わせたり、手すりは単管パイプを組んでやろうかと思案したが、
現場の状況や細かな対応を考えると木製階段がやりやすいと結論づけた。

全国的にもそうだが、鹿児島は雨がずっと続いている。
雨の時は外で何も出来ないが、晴れの合間には、やることが重なって出てくる。
階段作りもそういう合間に、材料買出し、墨付、切込みとこちらでやれる範囲でやる。




基本:
・高さが73cmあるので、段差を一般的な18cm程にすると4段、
でも、高齢なので15cmとして5段に、踏板部を現在よりゆったり取って30cm程に。
実際には29cm(巾14cmの2×6材2枚+空1cm)で4段分があればいい。

・手すりは、なるべく両手で使える巾に。

・防腐材注入済みの2×材、釘、金具類は全てステンレス。


1)側板-1
DSCF3885_sokuban1.jpg

曲尺(かねじゃく)は勾配をつけるのに非常に便利だ。
階段部は15cmと29cmを4段分、目盛って行くだけの墨付で、そこにつける板厚分を線引きする。
側板は巾24cmの2×10材を使うが、この墨付作業が階段作りのメインだろうか。



2)側板-2
DSCF3895_sokuban2.jpg

2×4材を半割した約29cmの支えになる棒材を側板にビス留めしておく。



3)仮置き
DSCF3902_sokuban3.jpg

踏板を仮に置いてみる。
組み立ては、現地でやらないと全体的な重さはかなりになるし、
コンクリート板の土台とのバランスも必要になってくる。




現地での作業は、おそらく来週の梅雨明け後となるだろう。



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/1580-bb198648
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)