爪痕


先日の豪雨は、大隅半島の真ん中を通り過ぎて行ったが、幸いにも我が家及び近辺に被害はなかった。
しかし、田んぼには、影響をもたらしそうだった。(田んぼは4,5Km離れた下の川のある所)

雨が空けた後、水路は止まっていたので、4枚田の中に入って斜面の草刈りをやっていたら、
水守のIさんがやって来て、「水門が土砂で埋まっている」とのこと、
そして、「川の水が引いたら皆で対処しよう」と言う話で治まった。

そして、草刈りの後、水門を見に行ったら、おそらく、川が流木でせき止められ、
川縁にある雑木林の土地に流れ込み、そこの土砂をえぐりながら、新しい川となって流れていたのだ。

その雑木林の土で水門は埋まり、その横の我々への田んぼへの水路も遮断され、
そして溢れるように濁った水が、水門を乗り越えて流れ落ちていた。

この光景を見たときには、田んぼへの水路を確保するのは無理かも知れないと思ったほどだった。

数日後、川の水が落ち着き、Iさんが見に行ったら、ゲートが動かせるようになっていたらしく、
(おそらく、水門は土だけで流木が詰まっていたわけではない)水路に水を引き込めるようになった。



IMG_20190707_100849_g1.jpg
↑これは水が落ち着いてからの写真であるが、右上に新しい川の流れがあり(右上が上流)、
元の川と合流している。左下側に水門がある。



IMG_20190707_101214_g2.jpg
↑まだ、水門に土砂が溜まっている。(左側に流れ落ちてゆく)




IMG_20190707_100833_g3.jpg
↑青いゲートの右下に、田んぼへの水路の取入れ口がある。



4枚田は、幸いにも上のように水を確保できたが、棚田の方は、まだ水路は止まったままだ。


関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター