大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



浅水代かき

朝7時半(5/31)ごろトラクターで家を出て、植代(本代)かきに棚田へ向かう。

土があちこち見える状態で、かつ水を止めて代かきするも、我が古い14馬力では非常に重たい。
代かきした跡が残るので、わかりやすいのだが、途中で止まることが多くなってしまう。
仕方ないので、途中から水を出しながらやった。



IMG_20190531_094202_tana.jpg
↑棚田:代かき終了直後、結構水が溜まっている。
一回り後、2回目は山が残ったところを重点的に均す。
いつもだが、この水口の隅は山が残りやすい。
この後、4枚田に移動。



IMG_20190531_104144_no3.jpg
↑No3の代かき前。
No4終了後、そのまま、No3を開始、4枚田は水を出しながら代かきする。



IMG_20190531_115028_no3.jpg
↑No1,2開始前に昼飯、左側No3の代かき直後。
「現代農業5月号の浅水さっくり代かき法」のようにやったが、ワラは浮かばず、
No4,No3の水加減は良さそうに思う。
但し、No1,2は、水が多いままの代かきになった。




IMG_20190531_152304_no123.jpg
↑No1,2,3の代かき2時間後、排出口の高さは高くしている。
4枚田代かき後、軽トラで戻り、隅のタイヤ跡や盛り上がりをトンボで均す。



IMG_20190531_152248_no4.jpg
↑No4代かき2時間後。
山側の露出部分が残ったので、この後、排出口の高さを上げた。


田植までには、全体的に水は深くして、露出部をなるべく出さないように調整した。
田植前に水を落とす予定。

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/1568-1af16a54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)