大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



まな板

P3080005_mituba.jpg

出入り口のミツバツツジが見頃だ。
しかし、昨日今日と寒さがぶり返したように気温が低い。


銀杏丸太から切出した板をまな板に整形した。


DSCF3328_kawa.jpg

板の両脇についたままの樹皮をはがした。
本体と樹皮の間に境目を付けて広げてゆくと綺麗にはがれる。



P3160011_ityokawa.jpg

この皮の分厚いこと、一番外側の木肌は丈夫だし、
その内側の白い部分は滑らかで厚く、まるでコルク板のようにクッションが効いている。



DSCF3332_manaita1.jpg

厚みの段差やチェンソーの歯痕でギザギザになって居た表面を電気カンナで、
傷が消えるまで何度も何度もかけ、最後は、紙ヤスリを付けたサンダーで仕上げた。



DSCF3335_manaita2.jpg

まず2枚を仕上げた。
1枚は、銀杏木の主であったお宅にカミさん手作りケーキと共に持っていった。
裏に立っていた自分ちの銀杏のまな板に喜んでもらえたようだ。

もう1枚は、銀杏の木の話を下さったHさんに差し上げた。
Hさんは10頭以上の牛を生産、育成されていて、かつ、昔は大工さんだ。

その大工さんに自己流カンナ掛けのまな板を持っていくのも恐れ多いが、
銀杏木のお宅は、Hさんの奥さんの生家でもあり、記念になるだろうと…。



関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/1544-1086d7c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)