大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



水路掃除2
今朝、8時から4枚の棚田のある水路の清掃が関係者(水路利用者)で行われた。
今回は、参加者は10人ぐらいか。
こちらでも刈払機が活躍した。
P1050494_f1.jpg
前回は、刈払機の初めての正式デビューでサッカーでいうなら、
草サッカーをやっていた人がイタリアのセリエAの試合に臨時で出させてもらったような緊張感だったが、
今回はJリーグサテライトの試合に出場して活躍できた、気がする。

P1050503_f1.jpg
水路は、写真のように川の水をせき止めて右下の分岐の水路に流し込む昔ながらの方式だ。
雨の時には増水でこのせき止めているところも乗り越えてかつここに隣接の畑に流れ込むこともあるらしい。
せき止めてある板をはずしたり足したりこの水門の管理も重要なのだそうだ。

P1050511_f1.jpg
水路は棚田の一番上の方に位置し、ずっと下の地区まで続いている、
昔の人達はこれを作り、代々利用してきたのだと思うと
田んぼに携わってきた過去、現代の人達とやっと一体になったような気がしてくる。

仮通水であったが我が田にも水が流れ込む光景を初めて目にして田を自ら作るのだと実感できた。
また、作業に携わった人達が水路のすぐ下に位置する我が苗床をみて
「ないば作ちょらっと」
質問をうけこの田のことを説明すると皆、興味津々だった。

初めての人達と共通の作業を行い打ち解けて話せるいい機会にもなったし、
こういうやり方もあるのだと、そしてうまくいって欲しい、うまくやってやる…と思う半日だった。
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/152-fca04ac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)