室内板壁-2(完)


生命に危険をもたらすような暑さ?が続いているが、
じっとしているだけでは、精神的にも参るので、
汗を流すつもりで、時間を作って板壁の準備をしていた。

最初に面取(角を削る)して、カンナの荒削り、仕上げ、サンダー掛けと。
今回は180cm関連の板が70枚ほどあった。
その後、塗装して日陰で乾燥させた。



DSCF2347_kanso.jpg

無垢板を板張りしてからの塗装は、臭いがこもったり、何かと面倒なので、
外で塗り、数日乾かしてから張付け作業に移った。
臭いが少ないという塗装を使ったが、それでも微妙に臭いが残るようだ。


DSCF2348_zumen.jpg

現場あわせの板長では、枚数、塗装に影響がでるので、綿密に図面化した。
200cmの板を無駄が出ないように板割するのも、面白いと言えば語弊があるけど…。



DSCF2357_bf3.jpg

今回は机の裏の240cmの壁が板張りの対象だ。
一部張替え済みもあるが、机、本棚など移動するのはやりたくない労力だ。
木を切ったり、削ったり、磨いたり、ネジ止めするのは、苦にならないのに…。




DSCF2364_bf1.jpg

分割位置に3.5cm巾の桟を打つ。
腰壁風に62cm、178cmに分けて3.5cm巾の板を横に張った。
下地(石膏ボード)の下の横桟の巾が3.5cmなので、ちょうどの巾にした。
その上を10cm巾の横板を重ねて上下の板端を押えるつもりだ。





DSCF2368_bf2.jpg

横桟より上の177cm板は桟に乗せてネジを打っていく。
下の61cm板は床上の板に合わせてネジを打つが、
上と下の板が直線になるように位置決めしなくてはならない。
下地の壁紙が格子模様だったので合わせやすかった。




DSCF2371_bf4_201807281827230ca.jpg

上の横桟の場所は、最終的にはこうなる。
いくら計算しておいても、板を並べてゆくと最後に隙間が出来て、
板の縦割りが必要となる。
並べるときは、端にその細い板を持っていくのじゃなく、中間に滑り込ます。



DSC_4284_itakabe.jpg

終了1



DSC_4285_02.jpg

終了2


関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター