サツマイモの苗床


今年の苗床は規模を縮小し、新しく仕入れた種芋と従来の保存種芋と混在してみた。

DSCF1509_satu1.jpg
ビワ木の下の腐葉土を混ぜて床を作り、2列南北に配置してみる。



DSCF1516_satumaimo2.jpg
ワラを被せ、



DSCF1519_satumaimo3.jpg
ビニールを掛ける。

毎年、試行錯誤でいろいろ苗床の作りを試している。
結局は、ビニール掛けも関係なく、暖かくなってから芽は出てくる…。
時期になると、土に埋め放っておいても、芽は出てきそうな気もする。


関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター