稲ワラを残す


稲穂を脱穀して取り去ったワラは、幾つか取り置きした以外全て田んぼに振りまいた。

束は麻ひもを使って括られているので、はさみで切ってそのままでも、朽ちていく。

全面に振りまき、かつ、括りを切っていくのも面倒な作業でもあるが、1年に1回のことである。


DSCN2502_f_123.jpg



DSCN2501_f_no4.jpg



DSCN2500_f_tana.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター