大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



でも、感謝。


DSCN1725_nyuuinn.jpg


植代から随分空いてしまった。
田植えは2日にちゃんとやったのだが…。

その田植えで思いもかけぬチョンボをやらかしてしまい、
入院10日(実際は5日で一時退院)、頭部25針の大傷をしてしまった。

それは、もち米の田んぼを植え終えようとした時だった。
残りのマクラ部を6条(3往復)で終える計算で歩行式田植機(2条植)を走らせた。
残り1往復をやろうとした時に、すでに縦側が、しっかり植わっていたので、
ヤメルことにして、畦(土手)を走らせ出入り口に向かったのだった。

反対側は、草土手、そして、幅3mほどコンクリート側溝、上から川底まで4mぐらい。
途中、川側車輪がずれ落ち、立て直そうとしているうちに斜面の土手で足が滑り、
両手を握りしめることにもなり(クラッチを切ることになる)、そのまま、あっという間に
田植機共に川底に引きずり込まれるように真っ逆さま…。

頭から大量の血は流れるし、体は動かない、顔は水に使ったまま(水量が少なかった…)。
この時は、もうダメだと思った瞬間だった。

必死に体をよじり、上体を起こして、座り込めた。
何度も上に叫んだが、聞こえるはずもない。
足は何ともないことがわかり、上流側で登れるところを覚えていたので這い上がった。
軽トラの携帯から、時間をおいて田んぼに来ることになっていたカミさんに緊急連絡。

救急車で脳神経外科病院に緊急輸送されたのは、どのくらいだったろうか…。

奇跡というか、運が良かったというか、頭の打ちどころが悪ければ、今頃、この文も書けない。
頭部、首のスキャン、でも骨折は見られないし、内出血もないとのこと。
額のあたりから頭部までの複雑裂傷、25針の傷跡は残るが、手足も動かせるし今のところ元気だ。

5日間入院していたが、残りは通院抜糸(13日)でいいとのことで、今日、退院してきた。
病院でも、大変でしたけど、良かったですね……。

誰もが思うことである、自分でもそう思う。
誰かが、何かが、助けてくれたと…。

あの時、ああすれば、こうすれば…、は過去のこと……。
今は感謝の気持ちだ、運が良かった、……運を味方に出来たと…。


--------------------------


事故を伝え聞いた集落の方たちが、
落ちた田植機を川から回収し、残りの田んぼの田植えもやってくれたらしい。
ありがたいことだ!



関連記事


コメント

大事にならなくて良かったですね!
(とは言え大けがは心配です)

農作業は危険と隣り合わせです。
十分注意してください。

命がけで作った美味しいお米楽しみにしています!

藤原
[2017/06/15 13:50] URL | #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/1367-3637051c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)