大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



キッチンのDIYリフォーム

昼前、4tトラックが門の前に横付けした。
2人が手際よく6~7個の段ボール包装を軒下に運び込んだ。
10日ほど前に注文しておいた品が届いたのだ。

朝から、旧キッチンの除去作業に追われた。
連結されてない置いただけの3個のユニットは、重いけどなんとか二人で
縁側から軒下に下ろし、東側軒下に移動させておいた



DSCN1604_af1.jpg


キッチンのリフォームをやった。

排水管の詰まりから端を発した給水管の配置換えなど一連のDIY作業だが、
最終目的は、キッチンをリフォームすることだった。

レンジフードを付けないフロアキャビネットだけを替えるつもりだったので、
給水管位置と排水管位置さえ指定寸法通り出来れば、後は組立て作業だと…、
実際そうだった。

システムキッチンメーカは、鹿島アントラーズのファンではないが、胸ロゴのLIXILだ。
キッチンの定価なんて、あってないようなもので、実際は取付工事まで頼むと半値ほどになるはずだ。


たまたま、調べていったら、"おたすけDIY"なるものを見つけ、オプションなどを選択していくと、
実際の価格も分かり、明瞭になっているので、ここのLIXILキッチンにしたのだった。
そして、DIYでやることをサポートしていて、取付工事は、施主依頼が可能だった。


この辺りのLIXILは、宮崎県の都城にあるので、二人でショールームも見に行った。
特にワークトップは、始めから人造大理石でなく、ステンレスに決めていたので実際に触れてきたのだった。
昔と違って色々便利なのが付いていて、選択肢も多くデザインも洗練されている。
今回も付けたが、カートリッジ内蔵の浄水栓だしノズルを引き出すとホースのようになる。
スライドストッカーも力を入れずに引き出せるし、そして静かに閉まる。

シンプルで使いやすいもの、食洗機、レンジフード、上の戸棚などは不要など、
そして、色、タイプも決めていたので、集中して見ることが出来た。
こちらは、給水、排水、内部のつなぎの状態など裏作業的なことが主だったが…。




DSCN1549_bf1.jpg

昔のキッチン跡、壁はセメントだったのか。



DSCN1553_bf2_iti.jpg

注文した時に送られてきた図面に基ずいて給水、排水管の位置に穴を空ける。
旧排水管の位置は、下の引出と干渉するので、ずらして穴を空ける。
穴を空ける場合、下に桟や管がない位置を確認して行う。



DSCN1561_yuka.jpg

排水管位置を替えたので、床下で配管をやり直す。



DSCN1567_kari1.jpg

梱包を解いた後、ユニット部だけを仮置きした状態。




DSCN1572_kari2.jpg

4つに分離されているユニットを接続する。
ワークトップを乗せて位置決めする。



DSCN1589_setu.jpg

給水、排水管の接続。



DSCN1603_af2.jpg

間口300cmのフロアユニットに46cmのオーブンレンジを左端に置いた。
残り右端が15cmほど空くので、スペーサ代わりに棚でも作るか…。




DSCN1538_ovn1.jpg

単独で置いていたガスオーブンもビルトイン式なみに使えるように、かつ移動も出来るように、
足にローラを付けた置き台を作って、コンロの横に組み込んだ。




それにしても、便利なものだ、システムキッチンまで宅配で届くのだから。
前のキッチンは、町のリサイクルセンターに粗大ゴミとして回収を依頼してある。
さすが、日本一のリサイクル率を誇っている町だけに無料で取りに来てくれるのだ。


DIYでの感想だが、
給水、給湯管と排水管の位置だけ確保出来るなら、後は組立て作業が主なので、
システムキッチンの設置はDIYで十分可能と言える。
(ガス管の配管はプロに依頼したある。無料だ)

フロアユニットも箱部とワークトップ部に分類でき、ワークトップ部を入手出来るなら、
箱部は手作りしてオリジナルのキッチンを作れると思われる。


関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/1361-1101c001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)