大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



水道給水管のDIY工事

部品もそろったので、予定していた給水管の取り替えをやった。

先日、床下の敷設状況を調べていたら、風呂場とトイレの床下は、セメントブロックで囲まれていて
進入できないことが判明、台所と洗面所だけの配管を敷き直すことにした。


1)外から床下への接続箇所(before)
DSCN1517_bf1.jpg

メータからここまでは、13AのHIVP管、左の床下に入るのは、15Aの鋼管で赤茶色にさびている。



2)床下側の接続箇所(before)
DSCN1521_uti_bf1.jpg

床下に入ってすぐに台所に立ち上がっている。


3)外から床下への接続箇所(after)
DSCN1526_soto_af2.jpg

既設HIVP管側を切断し、床下側の鋼管も切断して、その鋼管を外すのに一苦労だった。
鋼管は軒下のセメントで固められた巾約75cmと巾15cm程の基礎をくぐり、
床下まで延びていて、その途中がひっかかり、力づくで折りながら抜き去った。

始めは、抜くときに新しいHIVP管と仮接続して引き込んでしまうつもりだったが出来なかった。
外のカミさんと床下からと、押したり引いたりしながらの共同?作業だった。

外した後は、小さい鉄管を差し込み、それに新しいHIVP管を針金、ガムテープなどでつなぎ、抜きながら引き込んだ。
接続はHIVP管どうしなので継手で接着した。


4)床下側の接続箇所(after)
DSCN1530_uti_af3.jpg

排水管と同じ穴を通っている。
土に接触する箇所なので、HIVP管を使い、この後、被覆架橋ポリエチレン管(以後PE管)とつなぐことになる。

最終的には、HIVP変換アダプターソケットを使うのだが、台所とは、しばらく仮接続なので、
HIVP管とPE管接続は、再利用できるHI-LAマルチ継手を使った。


5)PE管のつなぎ
DSCN1532_pe_af1.jpg

PE管の接続は簡単だ、差し込むだけでつなげられる。(継手が高価だが)


6)PE管を這わせる
DSCN1533_pe_af2.jpg

従来の鋼管、VP管などは、渡りつなぎというか、1本の配管で分岐を繰り返しながらたどっている。
PE管の場合、曲がるので分岐しないで末端までたどり着かせる。

例えば、洗濯機と洗面所は隣り合わせだが、元からそれぞれ配管するやり方なので、
2本の配管が床下を通る。
分岐する管理は1箇所なので、水漏れなどを監視しやすい。
素人の接続でも出来るわけだ。


7)床に穴を空けた。
DSCN1536_yuka_after.jpg

最初は、壁内に立ち上がっている鋼管を外すか、その前にPE管を立たせるつもりだったが、
それは、無理だと分かったので、床に穴を空けて、50ΦのVP管の切れ端を差し込んで
(下に落ちないように)、下から立ち上げて、蛇口に接続するエルボ継手を床上で付けた。




いろいろと調べたり、紆余曲折は多かったが、何とかDIYで給水管の配管は出来た。
作業は、1日だったが、前準備は、1週間はかかった。

部品代:
  ネット注文18,217円
  ホームセンター購入 8,244円
 計 26,461円


覚え書きなど)
a)VP管には、HIVP管(高圧対応)がある。
b)管は呼び径(内径)で呼ぶ。
  A(mm)とB(インチ:いちぶ、にぶ、さんぶ等と呼ぶ)がある。しかし、13Aと15A(鋼管)が同じとは…。
  今回は13Aを使った。
c)ネジの種類
 テーパおねじ R
 テーパめねじ Rc
 平行めねじ  Rp

d)それぞれの管種ごとに継手がある。
 管種を選ばない異管種どうしの継手もある。
 切断した鋼管とVP管、PE管などをそのままつなげられる。


関連記事


コメント

全然何が書いてあるのか分からない😵
こんな訳分からない事よく出来たね🙀
すごい👏✨
[2017/05/18 18:00] URL | のん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/1360-9d124b01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)