苗の注文

田んぼのある方面の隣町にあるJA東部支社に普通作用苗(ひのひかり)を7畝分(15枚)注文した。
初め口座のない人はだめのようなことを言われたがなんとかやってもらった。
このくらいの少ない注文は引き取り当日でも可能だそうだが、心配なので予約してもらった。

稲作の流れは大体わかるのだが、実際にどお行動をすればいいのかがわからないのだ。
その辺を教えてもらおうと昨日、夕方いつもお世話になっているOさんを尋ねようとしたら
帰りに寄るからということで家で話を伺った。

田んぼ7畝(0.7反)分は、全て慣行農法でやることにしたので説明したら、
まずやることは、苗の注文、具体的にJAの東部支社を教えていただき
田植えの期日と苗の枚数を言えばいいということだったのだ。

そして、機械による田んぼの荒起こし、肥料元肥を手撒き、田植えの2,3日前に
苗を受け取りに行き、自宅で管理、田んぼに運び機械による田植えとなっていくのだ。

最初はこの田んぼの分まで苗床で種籾から育てるつもりだったが、
ひょっとして全く育てられなかったら、我が家も路頭に迷うのでその保険として
7畝はこの辺りのやり方を踏襲し1年間の食料は確保しておかないとと考えた。
(でも、苗代、機械の田植え代もそれなりの値段がするのだ、
その費用及び年間のお米代以上の稲ができないと…)

田植えだけは手植えでもと考えたが、残り1.5反は自然農で手植えなので、
時期も重なり、全てが初めてで余裕がなさそうな気がしたからだ。
来年になればその辺の要領がつかめると思う。

<あれほど大胆に剪定した茶の木から新芽が…>
DSC_1007_f1.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター