田植えが終わった。


朝6時半に2条植の田植え機を軽トラに積んで家を出発。
棚田の田んぼに寄り、水を止めて出水口を一番下に下げておく。

昨日、4枚の田んぼに運んでおいた稲の苗箱に殺虫剤を降ってたっぷり水を灌水する。
これは、結構時間がかかる作業だ。

棚田に12箱を運ぶ(実際は8箱で済んだ)。
今回、棚田の田んぼは乗用の4条植えで植えてもらうよう頼んだ。
我が家ののは、株間18cmしか出来ない古いタイプの歩行式2条田植機のため、株間30cmで植えてもらうためだ。
株間が広いと稲の株が太くなるはずだ…、試しに棚田の稲だけは30cmにしてみた。
(乗用の田植機も水利組合で購入したものだが…)

4枚の田んぼは田植機で終えた後も補植が多く、時間がかかる。
しかし、冷たい水の中での作業は面倒でも足下がひんやりしている。
すべて終了して帰途につくのは午後2時半頃だった、棚田を植えなかった分楽だった。

帰宅しても先日の泥まみれのトラクター、今日の田植え機の洗車で時間がかかる。
でも、田植えを終えた喜びは、なんともいえない気持ちだ。


DSCN8746_tauemae.jpg
田植え前の様子。


DSCN8770_no3.jpg
歩行式2条田植機で終えた直後のNo3の田んぼ。


DSCN8765_no1234.jpg
田植え終了後の4枚の田んぼ。


DSCN8757_tanada1.jpg
こちらは棚田の乗用の4条植え、株間がゆったりしている。

関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター