大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



苦渋の決断

今朝は鶏小屋から雄鶏の雄叫びが聞こえない…。


6羽の雌鶏と1羽の雄鶏がうちにやってきて、約3年、現在、雌2、雄1の3羽となっていた。

1羽は外に出しているときに獣(おそらくイタチ)にやられて倒れていた。

その時は、カラスが舞い降りてきたり騒々しく、あの勇敢な雄も一緒に茂みに隠れて息を潜めていた。

残りの2羽は、時期は違うが、足が悪くなり上の止まり木にも止まれなくなったり、食欲もない状態で小屋で亡くなった。

どうも大きな雄が上にのることで足を痛めたんではと思われる。
(通常、雄1羽に10~20羽の雌が相当らしい)

もうしばらく卵を産んでなかったが、鶏の産卵期間は約2年間のようだ。

今年、新しい雛に入れ替えようとすでに地鶏牧場に予約も入れてある(5羽の雌鳥だけ)。




そこで、残った3羽の取り扱いだ…。

昔の農家では、ごちそうとして食卓に上っていたらしい。

さばく人も当たり前のようにやっていたようだけど、でも、自分ではできないし、口もつけられそうにない…。

そこで、「Nさん、Kさんに勝手に処分してください」とお願いした…。

今時…、こちらでは、鳥刺しなんて簡単に手に入るし、迷惑も承知だったが……。

軽トラでやってこられた二人は、「おはんな、あっちへ行っちょらんな」と気遣ってくれている。

5分経っただろうか、あっという間に軽トラで運んでくれたらしい。



そして夕方、バーベキューでもと、うちの庭に集まってもらった。

勿論、肉にはうちののが含まれている。

毎朝、雄鶏と対峙することもなくなった…、人間は残酷な動物だ…。

DSCN8716_bbq.jpg

関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/1222-9f5bd70d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)