まだまだ残るサツマイモの畝


DSCN6182_sat1.jpg

大体一畝でこのBOX1個分は取れるので、残りもまだまだ残っていることになる。

芋ほりは、傷つけないように、周りの土を取り除き、埋まっている状態を見ながら、
ちょっと横に3本鍬を入れて、茎をゆっくり持ち上げ引っ張り出す。
それでも、時たまサツマイモ本体を突き刺したり、掘り起こす時に傷つけることがある。


しゃがんで掘り出すので、小さな椅子があれば、ちょっと楽だが、それでも時間が掛かり
腰が痛くなる作業でもある。
残りは、畑に霜が降りるようになるまでに、ボチボチやることにしよう。


関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター