水路ヤブ掃い


DSCN3267_suiro1.jpg

棚田のある田んぼを作っている人達と防火水路として利用している地域の人達で水路のヤブ掃いだった。
取入れ口から水路沿いに田んぼが並んでいるが、まとまった田んぼのある棚田まで4Kmほどか。

総勢40人ほどが刈払機やフォークを持って、それぞれ藪になっている箇所に散らばり作業を進めていく。
それぞれの担当箇所は決まってないので、やっていない所に軽トラで移動しながらのヤブ掃いだ。

水路に落ちた草木は、フォークや鎌をもった後続隊が道路に持ち上げてゆく。
道路の草木は、2台のフォークリフトを使い2台のダンプで山の低地に運ぶ。

朝8時から昼の12時過ぎまでかかり、その後その水利組合の総会&昼食だった。
来週は、別な田んぼの水路のヤブ掃いがある。

DSCN3266_suiro2.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター