大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



いろいろあるもんだ!

DSCN3605_su.jpg

昨日は、町主催で自治公民館長研修会なるものがあり出席した。
(140以上もの集落があるのか…、2,3戸しかいない集落もあるが…)
集落の公民館長は町の連絡事務を委託され、その代り住戸の数によって運営補助金を受け取る形だ。

住民は区域ごとの各集落に所属しているが、新しい住民が集落に入らない形もあり、
これを区外住民と呼び、ゴミ出しのルールなどでトラブルもあるそうだ。
うちの集落はすべて所属しているのでそういうことはないが…。

自分もそうだったが田舎暮らしをめざしIターンなどで、全く生活環境の異なる地域に
移り住むケースも多々あると思うが、地域に溶け込むには絶対に集落の自治会に入ることだ。

異なる生活環境、文化、習慣を進んで受け入れることが、集落の人達との信頼を早く築ける。

『郷に入れば郷に従え』だ。

そもそも田舎暮らしをしたいとやってくる人たちは、今までと異なる習慣を受け入れられる
積極的な意志が強いはずなのだが、都会の個人的、閉鎖的な生活環境を持ち込む人達もいるということか…。
最初は何もわからず、面倒な付き合いに感じられかもしれないが、実際にはそういうことはない。

田舎の子供たちは特にそうだが、純粋な人柄が多いものだ。
まあ、いろんな人が居るということは、都会でも田舎でも変わらないが…。


関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://nouka2010.blog83.fc2.com/tb.php/1059-65db057a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)