苗床作り

昨日、棚田の4枚あるところの田の1枚に苗床を作った。
1)苗代の大きさを決めて目印をつけて冬の草を草刈機を使い刈り、
2)表土を薄くはがしてゆき、
3)米ヌカをふりまき、
4)ワラを並べて被せて竹や木で飛ばないようにした。

本当は、昨年ぐらいからする作業だそうだが、田んぼの所有が決まったのは最近だったので
昨日行ったのだ。
自然農では耕さないので昨年のままの状態の田んぼに苗床を作ったのだが、
鍬を使って表土をはがす作業が非常にきつかった。
鹿児島弁で「あっばった!」
自然農でやってきてない従来の田んぼなので土がしまって固いのだ。

この状態を保持し、来月以降、種をおろすのだが、発芽するのか、心配でもあり、興味津々でもある…。

P1050041_f1.jpg
上は途中の状態。1反分の苗床で1.4m×18m。
関連記事

コメント

非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター