たかが鶏、されど雄鶏


雄鶏をそうさせるのは、何なのだろう!
守らねばならない雌鶏への忠誠心か、嫉妬か。
雄鶏としてのプライドか。


昨日の夕方、小屋に入れるため菜っ葉類をエサにおびき寄せようと、
走って寄ってきたのは、4羽の雌鶏達。
葉っぱよりミミズなどを好む2羽は、知らんぷり、雄鶏はその2羽のために付き合っている。

小屋の反対側に追い込むように回り込み、入るように促す。
今日はなかなか入ろうとしない、まだ、ちょっと明るいからか。
(日本代表戦が始まるんだから…)
追い立てるようにけしかけた瞬間、雄鶏が飛び掛かってきた。

飛び掛かってきた時には、倍返しにされることは、何度も承知のはずなのに…。

先日は朝、餌をやろうと小屋に入ってうっかり後ろを見せた瞬間、とび蹴りを膝後ろに…。
その後は小屋の中で雄鶏は逃げ惑うことになるのだが。

どうも、雄鶏は餌をやる時に、雌鶏が飼い主にじゃれ付くようにすることが気に入らないようだ。
鶏広場に離している時にも姿を見せると遠くにいても、大根葉を投げ入れてもらえると、
雌鶏達は走ってくる、雄鶏もやってくる。
雄鶏はネット際に立ち、雌鶏との防波堤のような位置取りをする。
ネットを離れると最終的には、一緒に食べているんだが。


昨日は、倍返しがちょっと度を越していたかもしれない…。
しばらく、雄鶏だけ小屋に入らず、
暗くなってから下の方の止まり木にとまっていた。
そして、小屋の入口の扉を静かに閉めてやった。

今朝は、雄たけびをあげるか、心配だったが…、いつものように元気だった。

雌鶏と同じように素直にしておれば、何ら問題ないのに。
雄鶏の本能が、そうさせているのだろう。
野生のオスの動物たちがそうであるように、体を張って子孫を残す為、
メスを守るのがオスの役割だと、この飼い主をメスを奪いに来たオスだと思っているらしい。

これが、本来の動物のオスの姿なのだろうが…。

DSCN1894_ondori1.jpg



関連記事

コメント

和歌山太郎

こんにちは。我が家も鶏がいますが、鶏って面白いですね。
見ていてあきません。子供達も鶏が大好きです。

ただ毎年この時期になると、インフルエンザ騒ぎで、少し肩身が
狭いですが。。

新米農家

おはようございます。
鶏は卵を産んでくれて癒しにもなりますね!
雌鶏達の中でも上下関係がありどの世界も同じようなものです。

インフルエンザは、今の所大丈夫のようです。
近くには大きな養鶏場がいくつもありますが…。
非公開コメント

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター