• 今朝の室内温度23度、寒気団のせいで久しぶり過ごしやすい日を迎えた。又暑さをぶり返すだろうが、極暑の夏に突然、初冬が現れた位の心地よさを感じた。いつもは夕方になってからの草取りも、昼間でも大丈夫だ。断根で植えた大豆達も随分と大きくなった。大豆の花は小さくて可憐だ。小屋の上まで、勢力を伸ばして実を付けているヘチマも、空の青と上手くマッチしている。この涼しさを感じると、もう少しだろうと思えてくる。そして... 続きを読む
  • 先日作った下駄箱の塗装をやった。木目を生かしたいのと色は付けたくなかったで、扉は水性ニス(透明:クリア)を、棚部はオイルを塗った。取り付けた扉を全部外し、1回目に塗る前にサンドペーパー(#240)を軽くかけ、水性ニスを塗って、乾かし(2時間以上)、1回目の塗膜に、サンドペーパー(#400)を軽くかけ、重ね塗りした。この部分の天井、壁、床ともに、杉板の濃いめの部材を貼り付けている。さらに木目を浮き上がらせた... 続きを読む
  • No3の田んぼでは、大体出揃うてきた。No2でも競って穂を出し始めている。最近まで見られなかったモチ米も、昨年よりは早い出穂だ。No4のモチ米の水口近くの9列ほどは、うるち米を植えている。昨年、生育が悪かったので、うるち米ではどうなるか、比較するためだ。モチ米と通常のうるち米とは、こんなに大きさが違う、右側がうるち米。モチ米の田から奥の方への眺め。... 続きを読む
  • 今年の夏は、全く暑い。暑いからとじっとしていると、それでも、汗が出てくる。それなら、外で何かしながら汗を出した方がいいと、以前から考えていた下駄箱のリフォームをやった。本体はそのままにして、合板の扉を無垢の板材に取り替え、棚も板材で覆う事にした。天井まで届く備え付けの下駄箱で、杉材と1×4材を駆使しての作業となった。この暑い中でである…。1)作業場猛暑の屋外でも、時折、涼しい風が流れ込む、丸太駐車場... 続きを読む
  • PCの前に座るのは久しぶりだ。毎日、猛暑が続いている。暑くてPCを使う気になれなかったことや、やることが重なったことか…。暑いときに、じっとしているのは、もっとつらいので、何か作業を見つけて、やり始めたので…。<No3:8月18日><No4:8月18日 もち米は、まだ、出穂が見られず><8月19日 夕方、畦の草刈り><8月19日 夕方、畦の草刈り>... 続きを読む
  • 今年も同じような時期、場所(14日、棚田)に稲の出穂(しゅっすい)が見られた。昨年は雨が続いて、日照時間が足りなく遅いかと思っていても、同じ頃に、今年は、晴天が続いたから早いかのと思っていても、やはり、お盆のこの時期に。稲の膨らんだ茎から順に押し出されて誕生してゆく。... 続きを読む
  • 朝方の最低気温が25℃、日中の軒下が37℃、そして風もない…。全国的に暑さが続いているようだ。ヤマモモの下は、幾分涼しい。そして、蝉も涼みにやってきたが、鳴かない、よっぽど暑いのだろう。... 続きを読む
  • 郵便受け(ポスト)をストックしておいた木材で作った。先日、出掛けた時に立ち寄った木工工房で見た郵便受けをアレンジして作ってみた。展示品は、分厚い同幅の木材で作られていたが、手元にあった24cm幅と9cm幅の杉材を使った。天辺は重ね屋根風にやってみた。A4の雑誌を横向きに入れられる大きさにした、かなり大きい。ペンキを塗って乾燥中、表札は別途、考えてみよう。... 続きを読む
  • 植物はよくこの暑さに耐えられるものだ。そして、人も年に何回か、この暑さを体感した方が年間を通すといいような気がする…。それも、じっとりの汗より、体を動かしてのドバッの汗の方が気持ちよい。だから、何もすることがない時は、つらい…。久しぶり、ちょっと財部エリアまで足を延ばしてみた。大川原峡にある桐原の滝は滝壺近くまで寄ると、落ちるしぶきで涼しい。... 続きを読む

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター