大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



畑も田んぼもお疲れ様でした!

DSCN7091_1231_tana2.jpg

来年もいい年でありますように!!

DSCN7077_pu.jpg


年末

DSC_1247_nanten.jpg


ことしも明日1日を残すだけとなった。
1年が過ぎるのは早い、あっという間だった気がする。

若いときには、いろいろな出来事が多すぎてめまぐるしく1年が過ぎた。
そして今の年代になると、単純な繰り返しで1年が過ぎ去ってゆく。

DSC_1246_hikari.jpg


雲の流れや風の向きを気にしたり、暑い寒いを肌で感じたり、
人間本来の五感をフルに使える田舎の生活は、平凡な日々ではあるが飽きは来ない。

来年も同じような年を過ごすだろう…、

でも、この繰り返しでいいんじゃないかな…。

DSC_1154_koke.jpg



今年の門松

DSCN6960_kazarituke1.jpg


今年も門松作りをやる時期となった。
28日までに飾り付けるのが一般的習わしのようだ。
昨年同様、今年も鉢の寄せ植え用に小さめの竹を使った1組の門松とした。


DSCN6950_zai2.jpg
材料は、先日の竹ぼうき用残りで持ち帰った竹などだ。
寄せ植え用の鉢に挿すので小さめの竹でいいはずだ。


DSCN6952_noko.jpg
切り口が鋭くとがった方が見栄えが良いのでノコは慎重に入れて引く。
切り口の長さは12cmを基本にして、それ以上ののもある。
2つ並べる竹の切り口の長さは、合わせた方が良い(これが一番難しい)。



DSCN7009_3kumi.jpg
大小の3組を並べてみた。
中央のは、年季の入った渋い色の竹をあえて選んでみた。


DSCN6964_karioki.jpg
上の左端の土台になったのは、100均で購入したプラスチックの鉢と受け皿で、それを割いた竹で覆った。


DSCN7014_kadomatu.jpg


---おまけ---
ちなみに、こちらは花まで植えこんでみたオール自作の門松ミニバージョン。

DSC_1201_mini_yose.jpg



今年のもちつき

正月用餅をついた。
”蒸す”のは、先日の手作り蒸籠(セイロの試運転も兼ねる)で、”つく”のは、餅つき機を使った。



DSCN6984_musu2.jpg
ブロックで組んだかまどに大きな羽釜をかけ、もち米を二段のセイロに入れ蒸す。
蒸気の抜けも少なくいい吹き上がりだ。
(ちょっと時間差をとって二段にする)


DSCN6992_tuku.jpg
”蒸す”のと”つく”のを分けると効率的に短時間で出来上がる。


DSCN6997_marumeru.jpg
大ざるの上でちぎってまるめてゆく。


DSCN7000_agari.jpg
今年は実家の母を加えた3人での”まるもち”なのであっという間だった。
臼と杵を使った餅つきではないけど、外でやる作業なので、モチの温かさが掌に心地よい。

朝7時に火を入れ、10時には二段全て(つくのは3回)丸もちまで出来上がった。




DSCN6945_take1.jpg

小学校に竹ぼうきを長年、毎年寄贈されているMさん、
町の広報紙によく載っている方だが、その竹ぼうきの生まれ元はうちの集落だった。

Hさんちの竹山で竹を切っておられる所を通りかかったので声をかけた。
普通は、上の笹の部分は捨て、竹本体を持ち帰るのだが、この場合は逆である。
竹ぼうきの掃く部分にあたる笹部だけを持って帰られるとのこと。
握りの竹部は、コサンダケを使うのだそうだ。

DSCN6943_take2.jpg

もう少し経ったら門松用に切ろうと思っていた矢先だったので、
この場合不要の本体?を必要な本数持ち帰ってきた。
竹も全て使われることになって喜んでいるかな…。



忘年会

DSC_1126_syuu1.jpg

今年も集落で、昼間はグランドゴルフ、夜は忘年会を開いた。
5人一組で6チーム出来たから30人の参加者だ。
鹿児島弁でプレーを盛り上げる我が集落の賑やかな大会だ。

夜は夜で鍋を車座に囲んで飲んで食べる…。
昔は一斗(10本)の焼酎がすぐになくなる程だったそうだが、
今は皆さん、年も年で大人しいように思える、せいぜい3本で済む。

公民館には小さなテーブルも椅子もあるのだが、床にゴザを敷き車座になって
焼酎を飲むスタイルは、昔ながらの様で、これはこれでなかなかいいものだ。
5つ鍋を用意したが、隣の鍋に簡単に移動でき話の輪に加われるからだ。

集落の担当役もこの忘年会を終え、残り少なくなってきた…。



朝の畑

DSCN6887_asa1.jpg

昨日、今日と外気温はマイナスとなった。
畑一面、うっすらと白くなっている。

DSCN6876_asa3.jpg

畑の野菜たちも、なるべく寒さから逃れるかのように縮こまっている。
日があたるとすぐにシャキッとなるが…。

DSCN6896_asa2.jpg


上流は大隅湖

飲料にする水は洞窟のある水汲み場から汲んでくる。
その途中の水源が高隈山や大隅湖などになる串良川にかかる橋から見る岩石群。


IMG_20151216_2_1.jpg
上流に向かって。


IMG_20151216_1_2.jpg
下流に向かって。


陽だまりは、暖かい。

DSCN6857_set2.jpg

例年、季節の変わり目に良くやってくる桜島の降灰がない。
しばらく、噴火もないようだ。

植木の剪定も気になった所を思いついたままやっている。
ぽかぽか陽気は、外の方が気持ち良い。

DSCN6861_sentei.jpg

鶏達も今の時期、こぼれ種からできた青物野菜などが豊富にあるので満足げだ。

DSCN6837_ue1.jpg


紅杉

DSCN6787_sugi1.jpg

西側に位置する杉は、日の出と共に天辺の方から段々と赤みを帯びてゆく。


DSCN6788_sugi2.jpg

ちょっとの間だけで、すぐに元の緑に戻るが…。

DSCN6619_hinoki_2.jpg

ちなみに今の時期、桧は黄金色に輝いた葉が点在するようになる。


清掃作業
DSCN6752_kan1.jpg

町内一斉の集落内清掃作業が年2回ほどある。
今朝は雨の中、朝7時から集落内を走る県道を中心にゴミ拾いを行った。

皆さん、雨の中でもこういう作業に積極的に参加されて、まとめる立場としては嬉しい。

おそらく、走っている車からのポイ捨てが主なゴミとなっていると思われるが、
このマナー向上は、なんとかなくならないのだろうか…。


こころ旅

DSCN6734_kokoro1.jpg

今、火野正平のこころ旅は、鹿児島編だ。
一昨日は、岩川のおおすみ弥五郎どんの近くで、昨日は、鹿屋の美しい海岸にある荒平天神だった。
(今日は、いちき串木野らしい)

近くの場所を訪れると一層親近感が湧いてくる。
この番組は、自転車で手紙の場所を訪れるもので、ただの風景が心の風景となる。

以前は、よく自転車で同じように行ったこともない所を見て回っていて、
車と違い、その土地の中まで踏み込め、驚きを身近に感じるので、
楽しさが倍増したことを思い出す…、良く見る番組だ。

(火野正平は、走りながら大隅半島はキライだとか言っていたなあ、
確かに山が多く、起伏が激しい場所が多い…でも、なかなかじゃっど!)


野外簡易ロッカー

野外で使うほうきなどは、納屋の壁にフックをつけて掛けていた。
しかし、雨で濡れることも多く、いつかやろうと思っていた(5年前)屋根をやっと付けることにした。


DSCN6722_rok1.jpg

屋根に使う波板は、小屋で使っていたのを外しておいていた廃品だし、
柱にした丸太も倒木(6mほど)して間もないのを運んで、皮をむいたものだ。

IMG_20151127_101212_s1.jpg

杉皮を剥いだ後、結構長いので、効率よく分けてゆく。

DSCN6706_rok0.jpg

壁側の柱は、この納屋の柱の位置に合わせて垂木を添えてネジ止めした。
土台のブロックは、4個全て水平をとってある。

DSCN6729_rok2.jpg

材料費は、厚さ15cmのブロック4個とまとめ買いしておいた杉板と桟木、垂木だけで、1300円ぐらいか…。