• 31日に中起こし・中代の予定を立てていたが、雨の予報だったので30日にやった。棚田のある田んぼは、朝8時過ぎから耕運機を入れたが、他の田では本代や田植えをすでに始めているところもある。縦横と2回走らせるともう2時間経ってしまう、終えた後、最初に水を引き入れるのは安堵感と共に気持ちが良い。その後、耕運機を軽トラに積み、段々の畑もある田んぼに移動する。この日は天気が良く、喉が渇いてしょうがない。昼飯の... 続きを読む
  • 雨の日はゆっくり出来る。もう少しで田植えとなり、それで一段落するのだが、今日はいいだろう。九州南部は梅雨入りしたそうだが、田植えが終わってからにして欲しかった。田植えまでの田んぼ作業がまだいろいろとあり、やはり雨の中に出て行くまでは弱気虫が出るからだ…。反対に雨が降ると植物が活き活きしてくる。雨前に植えつけたサツマイモ苗もまるで根がすでに生えているように元気に見える。しばらく楽しませてくれた庭のサ... 続きを読む
  • 遠くまで砂浜の広がる大崎海岸や横瀬海岸は我が家から3,40分ほどで行くことが出来る。昨日、久しぶり潮風にあたりたくなり横瀬海岸に行ってみた。たまたま干潮時で潮干狩りが数組、そして競走馬も走るのを見ることが出来た。横瀬海岸では干潮時に競走馬の海岸調教が行われており、有名馬の癒しに牧場もあるほどだ。きめの細かい砂浜の波打ち際を裸足で歩く感触はなんともいえない。うちのPuccaは打ち寄せる波がどうも怖く海側の方... 続きを読む
  • 雨は降らなくても畑は充分な水分補給をしている。土も草も作物も朝露でびっしょりとなり活き活きしている。朝の日課も少し変わった。自宅横の県道を舗装中で1ヶ月ほどかかりがその間は迂回路で通るようにしてある。我が家の出入りは工事中でも通してくれて支障はない。朝の散歩道が迂回路になっているため通勤車が多いのでやめている。今はまず、朝一番に鶏の日1回のエサ(500gほど)と水を代えることだ。声をかけてやるとあわ... 続きを読む
  • 畦草を短く刈るのは、田植え前の田んぼ仕事である。この後、肥料をまき中起しをして水を田に入れることになる。山側の土手際とか田の中に入って刈払機で草刈した方が楽な場所は、水を入れる前の今の時期がいい。大体この辺で水を入れるのは、田植えの1週間前である。稲苗を自前で作っている所は、育ち具合をみて田植え時期を決め、逆算して肥料を入れたり水を田に引き込む日を求めることになる。今はJAなどに稲苗を予約(取りに... 続きを読む
  • もう少し経つと田んぼは中起しをして水を入れることになる。昨日、今日と二日に渡って田んぼの畦塗りをした。畦塗りのやり方も地方によって違うだろうし、又、こちらでも人によって違いがある。毎年やる人もいれば全くやらない人もいるし、田んぼ人によってもそれぞれのようだが、昨年水を入れてからモグラ穴で苦労したので今年は本格的にやってみた。やり方は実際に見たり聞いたりしながら自分なりにアレンジした自己流なのだが。... 続きを読む
  • まとまった雨は久しぶりだ。畑の野菜達も元気を取り戻した様に見える。しかし雨の中、今週も朝から田んぼの水路掃除は予定通り行われた。11人ほどの耕作者が居るはずだが、例年少なくなっていく(作らない)ようで、8人で生い茂った草や垂れかかっている竹を払いながら進んでいく。雨合羽を着て、中は刈払機を動かす汗で、外は雨で全身びしょ濡れだった。刈り出した竹や草は、一部は燃やしたが、雨で燃えず残っているのはうちの田ん... 続きを読む
  • 我が家に来て1ヶ月足らずだが、たくましくなったもんだ。一番上の止まり木はもちろん、それより高い、止まり木とは思っていなかった横材まで乗っている。最近、夜はなるべく高い所に止まって過ごしているようだ。こんな高いところに飛び乗るのはもっと先で、ひょっとしたら止まる事はないかもしれないと考えていたが、高いところを移動できるようもっと張り巡らしておけば良かった。... 続きを読む
  • 各集落毎にエントリーした町内のグランドゴルフ大会があったので、うちの集落からは3チーム(15人)参加しその若手?として出た。50代から90代のじいちゃん、ばあちゃん達だが中心は70代ほどだろうか。個人の部優勝者3人は全て女性、上位も殆ど女性で占められているが、皆さん上手だ。優勝スコア29、その次でも30,31、やってみてわかることだが凄いと思う。(ちなみに自分は24,18の42でホールインワン1)300人ほ... 続きを読む
  • 今週末は、雨になりそうなので2回目のサツマイモの植付けをやった。予報ではそのまま梅雨入りとか言っていたが、雨が続くのもなんだかな…。昨年と同じ様に不耕起の畝と、今回は耕運機で耕した畝にも植えて双方を比べてみることにする。不耕起、無肥料、無農薬でしっかりしたサツマイモが育つのは確認済みだが、一般に作られているような状況とどういう生育の違いがあるのか見てみようと思っている。耕運機を入れた畝は、堆肥だけ... 続きを読む
  • レンゲソウも黒くなった種を付け、周りでも殆どが荒起こしが終えた状況となったので、朝8時過ぎから田んぼに耕運機を入れてカカジッた。1枚の田と4枚の田はちょっと離れているので1枚の田を終えたら軽トラに乗せて移動するという面倒さがある田んぼの荒起こしは終わった。川向の畑までやったので昼をはさんで5時間以上は耕運機を動かしていたことになる。レンゲが爪に巻きついたりゆっくり掘り起こしながら進む1~2速のスピ... 続きを読む
  • 田んぼを作っている人達と水路を使っている集落の人達でその水路のヤブ払い、掃除をすることを夫役という。夫役(ぶやく。負役・賦役とも)とは「労働課役」であり、その労働力を提供しない時には、お金を払うことになる。毎年、田植えが始まる前のこの時期には、川の水を取り入れる水門から最後の田んぼまで数キロほどの水路の周辺の藪を払って綺麗にする作業である。田んぼはうちの集落に近い水門辺りから水路に沿って点在しまと... 続きを読む
  • 天気予報通り待望の雨が降って植物も生き生きしているように見える。雨前に再度、アクマキ(鹿児島弁でアッマ)を作ったので我が家流の手順を残しておこうと記録した。この時期、近所のお宅でも作られそれぞれ独自の包み方、味わいがある。(自慢の一品を持ってこられ物々交換でアクマキ品評会みたいに味わうことになる)1)水に浸し綺麗にしごいておいたタケノコの皮を開き、2)皮の天辺の方を折り曲げ、3)開く時に開け易いよ... 続きを読む
  • 今朝から鶏のえさが成鶏用になった。今まで雛の購入先から分けてもらった雛用のえさを与えていたが、言われたとおり「これがなくなったら一般の成鶏用にしても大丈夫」にした。数日前から緑の野菜は与えていたのだが、これが大好物のようですぐに寄ってくる。最初生えていた鳥小屋の草はあっという間に茎だけが残されている。いくつかの草も掘起こしてやると食べるもの残すものと分かれるが、人も食べる「野らぼう菜、キャベツ」な... 続きを読む
  • 晴天が続きすぎている。今の時期、雨の予報を気にしながらの作物の苗の植付け時期でもある。種まきや苗の移植は雨の前日が最もいい。ここのところ好天が続き今日など非常に暑い一日だった。サツマイモを大々的に出荷されているSさんも植え付けるために取ったさつまいも苗を駄目にされたとか。1本づつの手作業で植えつけた苗もこの天気だとどうなるかと心配されていた。我等が植える本数とは比べ物にならない膨大な数を一人で管理... 続きを読む
  • ツバメのカップルがやたらと軒下の点検にやってきている。昨年もいい巣場所はないかと何回か飛んできていたのを目撃していた。どうも我が家の玄関先が気に入ってたみたいだったが、巣は作らなかった。今年も「つがい」がしきりと飛び回っていたので、10分ほどで端材の棚を作ってやったら2,3時間後に再度来た1匹が、なんとうまい具合に止まったではないか。人間に近い場所が最も安全だと知っているようだ。スズメも軒下をねぐらに... 続きを読む
  • ビニールトンネルの苗床のサツマイモは、一斉にとはいかないが大分大きくなったので今日「赤いも」を10本だけ植えてみた。大きくなった苗から順番に植えつければいいので、ちょっとの時間で済むからかえっていいかも知れない。種芋から切り取ったところからも次々に新しいのが芽を出すのでどんどん増えていく。苗の植付けは、垂直でも、斜めでも適当に挿せば育つようだ。植えたばかりなので元気そうに見えるが、数日はしおれた状態... 続きを読む
  • 移植ダイズの育苗法で育てている落花生のその後である。落花生の播種(4/8)後、根が出てから太陽光にあて、覆土しておいた後、4/23に下記の様に4つに分けて摘心と断根しておいた。そして現在の状態が下記である。3番目のように摘心と断根をダイズと同じ様に処置したのは、発育が遅いようだ。根はいっさいつけないように短く切断したもので、発根した根が短かったかもしれない。4つのケース以外の左12個は、先端の根だけを切断した... 続きを読む
  • 2年ほど前に移植し、そのままほったらかしのイチゴが今盛りだ。草に隠れて鳥にも見つからないように潜んでいるからだろうか、つつかれずにいる。ハウス栽培での出荷用の大きなイチゴではないけど、小粒だが今年は昨年より甘味も増してきたように感じる。一般に移植して増やしていくみたいだが、そのままにしていても育つものは育つ。ただ、畝と畝の間の溝までにもランナーを伸ばしていて踏みつけそうなのは移植したが…。... 続きを読む

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター