大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



千葉県袖ヶ浦の物件&夢
今週の土曜日、袖ヶ浦の物件の現地案内のアポイントをとった。
今回は、住宅隣の畑を1反(300坪)ほど貸してもらえる好物件だ。
現在の自宅からアクアライン海ほたるを経由する3時間余りの工程なのだ。

さて、縁があるかどうか、上手くいってもいかなくてもこればかしは縁だと思っている。
物件紹介の写真をみて、住むことになったらここは、ああしよう、庭は、こうしようと夢ばかり膨らんいく。
現在、請負のプログラム開発しながらも頭は、新しい住居探しのことや、やろうとしている野菜作りの方に巡らしている。
あれこれ選べ、想像できる今が一番いい時なのかもしれない。

受注の仕事が多くて忙しく、収入も多くまた、将来も見込みがあるなら、転職?など考えなかったかも知れない。いや、全くの無謀?を普通の人ならやらないだろう。
農業経験、体験全くゼロの人が農家になろうとするなんて…。
それも歳いったおじさんが、これから体を使う仕事をやろうとするなんて…。

しかし、「なせば成る。なさねば成らぬ」が信念なのだ。
本田宗一郎氏の「やってみなはれ」は、名言だと思っている。
まず、やってみないと何事も起こらないのだから。

大きな目的がある。
噂の野菜の無肥料栽培を自分の手で作って確認したい、
そして野菜本来の本物のおいしさを味わいたい…、
そして多くの人たちにも一緒に味わってもらいたい…、
野菜たちも本当はそれを待っているのじゃないかと、……夢なのだが。
成田の物件現地
現地近くの大栄PAに自宅から中央高速、首都高、京葉道路、東関東と1時間半ほどで着いた。
特に東関東自動車道は、殆ど車がなく快適そのものだった。
待ち合わせ場所に早めに到着したので付近を散策、公園も広くいい町だと感じた。

もう一組の家族も一緒に現地を案内してもらった。
環境は、農村地帯で静かでいい雰囲気だ。
ただ、物件は古民家という感じではなく、かなり大雑把に創られた農家みたいで、
しっかり創られていて年数がたって古くなった物ではない。
住むには、かなりの補強、造り替えを想定しなければならないと感じた物件だった。

よく考えると農家は、多かれ少なかれこんな感じではないのか?
隙間風のないマンション暮らしが長い身としては、ちょっと贅沢で甘ちょろくなったのだろうか!
千葉成田の物件
千葉成田の古民家をネットで見つけました。
敷地も広く隣に畑もあるし、構成的には、こちらで、考えてた内容です。
場所を地図で想定して検索しましたが、特定できません。

でも、現地を見てみることにしました。
こちらは、鹿児島と違い車で行ける範囲です。
紹介業者にメールでコンタクトを取り待ち合わせ時間、場所を設定しました。

ネットの紹介写真からYahoo!地図情報の写真表示してみるのですが、見つけられません。
当日現地に行けばわかるのですが、周辺を把握しておきたかったのに!
「いい物件だったらいいのになあ」
でも、決まればそれで又、いろいろ忙しいし、エネルギーもつかう。
何とかなるかな…。
千葉の物件
千葉で300坪の畑を含めた全部で600坪余りの中古の農家があったので、問い合わせ(メール)したけど返事がなし。
どうもメールだけでは、真剣にやってくれないようだ。
ネットででている案内だけではわからないことが多い、だが、現地は遠い。
目で見るのがもっともいいのというのは、当然なのだが…。

鹿児島の物件は、親切に写真付きで説明してくれたのだが…。
不動産業者の質によってしまうのかな。営業ならどんな客にも関心をもつべきだな。
ネットで出しているのだから遠来の客も相当多く詳細を期待しているはずなのに。

300坪ぐらいの畑付で安い物件となると東京近郊からかなり離れるしかないかな…。
神奈川の田園地帯
自転車で近郊の畑の様子を見に行った。
どんな風にやっているのかと。

なんせ全く初めて農業をやろうとしているのだから。
昔、市民農園を借りたことは、あるけど、殆どカミさんに任せっぱなしだったし。

全くのシロウトが(誰でも最初は初めてのことがあると思うが)どうなるんだろうかと心配がないわけはなく。