大隅での農ある暮らし
農業未経験者が無肥料、無農薬、不耕起栽培の野菜作り,稲作に取り組んで行きます。
大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。



プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



コンパクト月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!



カウンター



キューイ棚補修

数日前から、カミさんがインフルエンザA型に冒され寝込んでいて、
病院で薬をもらったり、点滴を打ったりのおかげで回復してきた。

こちとらも、心配したが今のところ、全然影響を受けてない。
(どうも、風邪には昔から強い体質のようだ、……なんとか言うが。)


昨年の強風以来、倒れかかり突っ支い棒などで、
なんとか保たせていたキューイ棚の補修を行った。




DSCF1140_bf1.jpg
before1
2mの単管を柱としてブロックに乗せていただけで、
かつ接続が径違いの鋼管なので、強度が足りなかった。



DSCF1142_bf2.jpg
before2
柱の2m単管を3m管に替えて、埋め込むことにする。



DSCF1152_af3.jpg
after1
48.6単管同士だとがっしりした接続になった。
異型の単管もそのまま残す。



DSCF1148_af2.jpg
after2
やはり、まっすぐなると、見た目も気持ちも良い。




経費:
  単管:3m×4  (\1,280×4)
  自在クランプ:6個(\163×6)
  打ち込み先端×2 (\133×2)
  座金×2     (\133×2)
  単管キャップ×4 (\31×4)
  直線ジョイント  (\216  不使用)
  計:\6,970

連日の寒さ

ここ数日、寒い日が続いている。

時たま、粉雪舞い散る朝夕があるが、積りはしない。



DSCF0999_daik2.jpg
切干し大根



DSCF0991_daik1.jpg
昼間の太陽光は、暖房機の比ではない、さすがに暖かい。



DSCF0945_kin1.jpg
赤ちゃん椎茸。



DSCF0950_kin2.jpg
さすがにひんやりしている杉の木の下。



DSCF0978_daik4.jpg
干し大根の場にもなってる畑の小屋。



二十三や市
P1200027_ks1.jpg


毎年、この頃串良で「二十三や市」が開かれるので、久しぶりに行ってきた。
近郊で取れる海産物や植木などの出店で賑わう結構大きな市だ。


P1200016_ks2.jpg


P1200014_ks3.jpg


P1200017_ks4.jpg



前回、買った梅は大きく育ちつつある。



初雪!

DSCF0639_takakuma.jpg

まるで雪国の高隈山だ!



DSCF0658_kajyu.jpg

重ねた薪も、



DSCF0659_ha.jpg

畑の菜っ葉も、



DSCF0619_hatake.jpg

畑への階段も、


DSCF0628_take.jpg

置き竹、木にも。

今夜も雪の予報、昨年みたいに積もるかも知れない…。



今時分の風景

DSCF0571_mon.jpg


久しぶりに昨日からまとまった雨が降った。

今週は雨模様の日が続きそうだ。

畑にある小屋の外壁を張り替えようと準備しているが、暫く後になりそうだ。


DSCF0560_kajyu.jpg




DSCF0553_sazan.jpg




DSCF0576_niwa3.jpg




DSCF0577_nanten.jpg




DSCF0581_niwa2.jpg




新年

今年も健康でいい年でありますように!


DSCF0496_hatuhi.jpg
初日の出



DSCF0523_hatumoude.jpg
初詣



DSCF0526_hatumode2.jpg
参道



DSCF0528_meotosugi.jpg
夫婦杉


冬至の朝

「昼が最も短く、夜が最も長くなる。
太陽の位置は最も低く、物の影は最も長い」  (かごしま暦)


DSCF0407-171222_asa2.jpg

いつもの朝より、最も南寄りの位置からの朝日だった。


DSCF0412-171222_asa1.jpg



寒い一日でも。

朝7時前に家を出てグランドゴルフ会場へと、
2週続けて地域の大会へ参加した。

350人ほどのお年寄り達?の親睦交流大会であるが、
皆さん年長が殆どだが若々しくて元気だ。

冷たい風のある寒い日となったが、家に縮こもっているよりは、
体を動かした方がいいに決まっている。

スコアは、まぐれや偶然や運が重なれば良くなる時もある。
先週は、前半で13だったが、今日は……、一つの運勢みたいなもんだ。


DSCN2704_20171208_12-18_500.jpg

休息時間に、回った公園内。



DSCN2709_20171208_12-21_500.jpg

日本庭園が造られている。



初優勝

サッカーJ1で川崎フロンターレが初優勝。

長い間、応援していたけどやっと、やっと優勝。

鹿島と磐田の試合を切替えながらテレビで見ていた。

何度も何度も2位で終わっていたがやっと…。

今年は最後に逆転しそうな気配がしていた、おめでとうフロンターレ。

(そして、レッズもACL優勝、いい年だった)


DSCF0103_e500.jpg


千本イチョウ

垂水の千本イチョウが時期だろうと高峠を越えて行ってみた。

大隅半島ど真ん中から高峠への道筋沿いも、今が紅葉盛りという感じだ。


DSC_3687_20171129_500.jpg

台風の爪痕の工事中で、沿岸には入れないが、途中立ち寄った上からの大隅湖。




DSC_3685_20171129_500.jpg

大隅湖を越えた山脈の向こう側に千本イチョウがある。




DSC_3715_20171129_500.jpg

千本イチョウは黄金色のトンネルが続く。



DSC_3738_20171129_500.jpg

段差のある丘陵地帯に、園主のご夫妻が約30年もかけて植樹したそうだ。



DSC_3722_20171129_tuwabuki.jpg

沿道には、ツワブキも植えられている。




DSC_3757_20171129_500.jpg

この後、イチョウの葉が落ち、一面黄色に染まり、
根を張った太い枝木群が透けて見えるのも趣ありそう。



小さい秋

DSC_3596_20171125_500.jpg
この花の無い時期に咲く山茶花が溢れるように満開になってきた。
他のサザンカもつぼみを付けているのでもう少しだろう。



DSC_3600_20171127_500.jpg
まるで、バラのよう、蕾が気に入っている。



DSC_3587_20171125_500.jpg
こちらは、一輪のバラ。



DSC_3648_20171128_500.jpg
栗林も全体が色づいてきた.。 そしてまもなく葉を落としてゆく。



DSC_3633_20171128_500.jpg
庭の小さな秋。


渋柿

DSCN2625_020_500.jpg

昨日、カミさん実家の柿の木を剪定してきた。

DSCN2634_022_500.jpg

毎年同じような位置で、枝ごと切り落とされるが、
次の年には同じように、たわわに実を付けている。

渋柿なので、カラスも寄りつかない、それで大きな実になっている。


DSC_3467_024_500.jpg

皮をむいて干し柿に!

DSC_3463_025_hosigaki.jpg




DSC_3159_kaki1.jpg

カラスにもつつかれず、最後まで残っていた柿も高バサミで切り取った。
今の時期まで残せば大玉で綺麗なのだが…。

空気が澄んで、朝晩は特にきりっとした冷気で実に気持ちいい季節だ。



DSC_3106_biwa.jpg

来年に向かってビワが花を付けている。


PB090008_kumo1.jpg

カイズカイブキに張られた蜘蛛の巣も輝く。



今朝の一コマ


朝夕の寒さが厳しくなったり、緩んだりと、繰り返しながら冬に向かっていくんだろう。


PB030006_sor1.jpg
一日雲の多い日になりそうだ。



PB030003_dai1.jpg
大根畑が遠くまで拡がる。



PB030019_dai2.jpg
ここの大根は、すぐに大きくなるが、種類なのか肥料なのか。
我が家ののは、ゆっくり、じっくり育てばいい…。



PB030030_kak1.jpg
この辺りは、誰もちぎらないで残る柿が随分多い。



逞しく可愛らしく

庭の軒下セメント縁に、季節外れのスイカがひっそりと、かつアピールしている。


DSC_2340_suika2.jpg


夏、スイカを食べた時に飛ばした種が、土に潜り込んだのだろう。


PA190003_suika1.jpg


スイカは、やっぱり庭で食うべきだな!


DSC_2334_suika3.jpg



夢を紡いだ!

若い選手の躍動でワールドカップ出場を決めた。

サウジアラビア戦まで持ち越しになるかと心配したが、
ハリルホジッチの先発采配が当たった。

浅野の1点目で、ほっとし、井手口の素晴らしい2点目に日本中が感動だろう。



pucca_1.gif

ワタチも応援してた!


処暑

"暑さが次第におさまり、しのぎやすくなる時期。穀物が稔り始める"

暦の上では、処暑であるが、この猛暑は治まりそうにはない。

昨日の”ひるめし”は、鹿児島湾沿いの漁協直営の食堂、帰りは近くを周遊してきた。



IMG_20170824_furue2.jpg
↑古江漁港、奥に桜島が見える。



IMG_20170824_kanpatii.jpg
↑カンパチの炙り、800円。



IMG_20170824_kaimon3.jpg
↑対岸は薩摩半島、開聞岳が見える。


IMG_20170824_turibasi.jpg
↑神川大滝の吊り橋。
ここまでの車は、大根占の方から上ってくる、大滝公園からは歩きとなる。


IMG_20170824_ootaki.jpg
↑高さ68mの吊り橋から見下ろす神川大滝も迫力がある。



グランドゴルフ


安定したスコアが、なかなか出ないグランドゴルフ、
先日の土日、連チャンで地域の大会があった。

打ち方をあれこれアレンジしながら、自分の型を造ろうと意識してやっている。
ちょっとしたことだけど、ただ、打つだけのフォームの中にも、チェックポイントがいくつも出てくる。

旨くかみ合った時には、面白いようにいいスコアとなる。
遙かに高齢の人が、いつも安定したスコア出すのは、自分なりの技を身につけている証拠だ。

今回、立ち巾と振り幅を同じにしたら、近い距離の安定感が増した気がする。
反面、30,50mのフォームが乱れてきた、今度は、こちらを……。

IMG_20170819_1.jpg


ブロック風に!
P7310017_hana3.jpg


せっかく咲いてくれた庭の花々をちょっと加工。


P7310008_hana2.jpg

他と離れて寂しく、逞しく砂利の中で咲く花には一目置く。

P7310019_hana1.jpg




梅干し
P8120025_ume2.jpg

先日は、袋の中で塩づけされた梅の土用干しだった。

P8120023_ume1.jpg