• e-Bikeで串良川を下り、志布志湾に流れる肝属川河口まで行ってきた。(往復:52km、9:20家発、13:36家着、約4時間の久しぶりの長距離)アップダウンの激しい山道を抜けて、串良川沿いに出ると視界が一気に開け、車の通らない歩行者、自転車専用道路は、非常に快適だ!左に見える橋は、志布志石油備蓄基地に渡る大橋。近くの弁当屋で買った焼き肉丼で昼飯。大橋の隣は肝属川河口近くで結構大きな漁港だ。柏原海岸に沿って松林が続... 続きを読む
  • 昔乗っていたドロップハンドルの自転車では、様々なハンドルの握り方が出来て重宝したものだ。今乗ってるEbikeは、フラットハンドルなので、同じ姿勢が続くと手が疲れる事がある。握りに変化を持たせる意味で、グリップをERGONのGP4に取替えることにした。でも、垂直な握りになるとブレーキに指が届かないので、ブレーキの取っ手も延長することに。安くて巧い方法はないかと思案し、手元にあったメガネレンチを仮に付けてみたら中... 続きを読む
  • 乗用車はガソリンスタンドなどで空気圧をチェック出来るが、トラクターなどのためにも電動の空気入れを購入した。充電用AC/車用DCが付属していて、電動コンプレサーで大きな音がするが、すこぶる使い勝手が良い。バルブに差し込むと現状値が表示され、設定した圧力値に達すると自動停止する(\5,280)。軽トラも、耕耘機も、トラクターも、電動ポンプのありがたさを実感できるはずだ。(先日は自転車用の高圧ポンプで、かなり減って... 続きを読む
  • e-bikeでのサイクリングがおろそかになって居る。最近は、近場を一月2,3回の割で1~2時間、10~20kmをそれも平坦な幹線道路でない道が主体だ。今日は、天気も良く風もそんなになかったので、往復16km、1時間、電動アシストを使わないで、広大な畑を眺めながら、冷たくない風を浴びてきた。外に出る準備をするのが億劫であるだけで、出さえすれば、自転車は遥かに気持ちよい。... 続きを読む
  • 上流にある我が家の田んぼの水も流れ込む串良川をサイクリングしてきた。下流域では肝属川と合流して志布志湾に流れてゆく、今回は合流地点までの往復45Kmだ。平坦な所は、アシストなしで登りだけを使ったので、バッテリー33%の使用で済んだ。川原園井堰(柴井堰):鹿屋市串良町にある日本で唯一の柴井堰[柴井堰とは]川から田へ水を引くための取水方法のひとつに「柴井堰」というものがある。「柴井堰」は、雑木の枝葉を束ね... 続きを読む
  • 軽トラに倒して乗せてもいいが、重さがあるしあちこち傷つけそうなので、スタンドを作って自立させて輪行できるようにしてみた。ちょっと遠出してサイクリングする場面もあるだろうと、前から考えていた案を、余っている1×4材を利用して実行に移した。後ろタイヤを挟み込む材は、ちょっと長めだがそのまま2本使うことに。下に直角に交わる2枚は、タイヤの前後丁度にはまる位置に置いて、タイヤは地面に接触するように位置決めし... 続きを読む
  • 紅葉が終わったであろう大隅湖を一周するつもりで、主要幹線の国道504号線は避けて、堂篭(どうごもり)川上流から向かった。山道を登り、高峠に向かう71号線を暫く進むと、大隅湖を見下ろす桜の綺麗な丘の上にでる。大隅湖は水量が非常に少なくなっていた。以前から周遊は、通行止めだったが、まだ崖崩れが復旧してないようだ。後ろに見える建物はアジア太平洋農村研修村民族館。大隅湖を回れないので、504号線の峠まで向かう。自... 続きを読む
  • まだ、通ってない道を走ってみようと、水之谷経由で平房を回ってきた。幹線道路からそれた山道は濡れ落ち葉が重なり、ましてや下りの坂道は非常に危なっかしい。そこを抜けた車の少ない幹線道路には、のどかな集落が佇んでいて、人の営みがしっかり息づいていることに、安心感というかほっとする。途中、スマホのマップでルートを決め、道を確認しながら進むのだが、山道の高低差が分からず、延々ときつい登りが続いたと思えば、く... 続きを読む
  • 近場を回って3回目、今日は26kmほどのちょっとした遠出となった。63%のバッテリー残量のスタートから、帰り着いた時は20%残。我が家の場合、どちらに行っても、まず、下りから始まり帰りが登りとなる。すなわち、最後の登り分は、バッテリーを残しておかないと大変なことになってしまうのだ。串良川:堂園橋幹線道路を避けて立小野に降り、上別府を回って帰るルートの予定だった。立小野から谷田発電所方面を地図で探して、... 続きを読む
  • 電動アシストユニットを付けたいわゆる電動ママチャリは、従来からあったが、スポーツタイプの自転車に電動アシストユニットを取り付けたのをe-bike(E-バイク)と呼ぶ(いいネーミングだ)。10年ほど前までは、スポーツタイプの自転車で多摩川、浅川、相模川、境川、鶴見川など川沿いを良く走ったものだが、こちら大隅半島に移ってからは、ずっと自転車に乗っていなかった。軽トラなど車での移動が主体になって、何時しか、腕の踏ん張... 続きを読む

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター