• 昨日のサッカー高校選手権、フィジカルの青森山田 対 テクニックの静岡学園の決勝だった。影ながら静学を応援していたが、2点差をひっくり返して静学が優勝して嬉しい。ロングスローとヘディングで点を取るような、フィジカルを前面に出して勝つような試合は、常々サッカーではないと思っていたので、心地よいテクニックの勝利に拍手だ。スタンドで観戦したいた小中学生達もどちらのサッカーが面白いか実感できたことだろう。昨... 続きを読む
  • 昨夜のボリビア戦、中島、堂安、南野が交代で登場してから明らかに攻撃の雰囲気が変わった。あうんの呼吸というか、黙っていても意思の疎通ができる選手達はいる、巧さ下手さでなく、気心知れた仲間でもなく、何というか感じ合うものがある。先の3人は、そういう攻撃パターンが自然に溢れてくるのだろう。それにしても中島翔哉の存在感は抜群だ。ゴールに向かう推進力と切れ味にますます磨きが掛かった気がする。メッシ(バルセロ... 続きを読む
  • 準々決勝までは、1点差あれば勝てる…、世界の強豪クラブが見せるような勝ち上がり方で、まるで決勝に照準を合わせたきたようなサッカー日本代表。今までの代表と違う、一皮むけた試合運びで、最後まで行きそうな気はしていたが…。先発:    大迫原口、南野、堂安、  塩谷、柴崎、長友、吉田、冨安、酒井、     権田、W杯のベルギーのように2点差をひっくり返せなかった。取られたオーバヘッドも、もっと吉田が体を寄... 続きを読む
  • 鹿児島ユナイテッドが、最終戦を残してJ2への昇格を果たした。テレビ、新聞なども盛り上げていた地元のクラブをJリーグで応援できるのは、やはり素直に嬉しい。J2定着、そして一気にJ1まで行って欲しい!大相撲では幕内最年少22歳の貴景勝が初優勝した。気の強いぶれない精神力は、どっからきたのだろう。初の優勝力士を出した元貴乃花親方の教えが大きいに違いない。普段は気さくな若者らしい。土俵上では表情を変えないが... 続きを読む
  • 強豪ウルグアイ相手に素晴らしい内容だったサッカー日本代表。特に攻撃を担う前線の4人の連携が秀逸だった。ボールがしっかり治まる鹿児島の大迫、シュートセンスの光る南野、切れ味鋭い堂安、そして一緒にフットサルをやっていた中島翔哉。翔哉にボールが渡るとドリブルであれ、パスであれ、シュートまで直結する動きとなるから、見ていてワクワクしてくる。おそらく、今後代表の10番にふさわしい選手として欠かせない存在にな... 続きを読む
  • 試合開始から不安気な立ち上がりだった。トーナメントに備えた主力温存策が裏目に出た。GK川島は、なんとか面目を保ったか。1週間が過ぎるのは、あっという間に思えるけど、最後の5分間は、こんなにも長いんだ。サッカーW杯、失点はもちろん、イエローカードも許されない。1勝もせずに国に帰る分けに行かない相手のポーランド。両国の思惑が一致した、でも、セネガルも気になる…、長い5分間だった。次の相手は、今大会ベスト... 続きを読む
  • 昨夜から外は、防風雨となっている。南から強い雨交じりの風が、音を立てながら軒下に打付けてくる。しかし、外は嵐でも気持ちは晴れやかだ。昨夜のサッカーW杯だ。勝ち点1が取れれば上出来だと思っていたコロンビアに勝利。日本人監督になってチームが団結した結果だと思う。最初のミーティングで「俺は世界を知らない、みんなの意見を聞かせてくれ」と正直に打ち明けた西野監督、これでまとまらないはずはない。これで、リーグ... 続きを読む
  • サッカーJ1で川崎フロンターレが初優勝。長い間、応援していたけどやっと、やっと優勝。鹿島と磐田の試合を切替えながらテレビで見ていた。何度も何度も2位で終わっていたがやっと…。今年は最後に逆転しそうな気配がしていた、おめでとうフロンターレ。(そして、レッズもACL優勝、いい年だった)... 続きを読む
  • 地域では水道管の凍結などによる影響などで破裂が起き、漏水となり取り換え工事などで、度々断水となっている。たまたま近くを通りかかった他の地域の人の連絡で行ってみたら、うちの公民館のむき出しになっている水道管からも水が噴き出していた。元栓を閉めておいたが、こういうことがあちこちで起きたのだろう。雪は大分少なくなっていて今日あたりで、殆どは消えるのではないだろうか。「五輪出場」"ドーハの歓喜"  U23サ... 続きを読む
  • 高校サッカー決勝は國學院久我山に期待したが、うわさ通り東福岡は強かった。両校ともパス主体のチーム作りでボール展開力は同じようなものだが、大きな違いは力強さだろうか。東福岡は280名から選ばれただけあって全てが高い能力を持ち、それが統率がとれているので穴が少ない。(点差が開くのは、負けている方が守備より攻めに転じて隙を突かれるのでよくあるパターンだ)まるで日本代表(久我山)が欧州や南米の強豪と戦い、「... 続きを読む
  • まるで高校バルセロナだ。高校サッカー準決勝で國學院久我山が貴重な勝ち越し点をものにした。一方の青森山田はスポーツ専門校、久我山は文武両道の東京代表だ。住んでいた縁でもパスサッカーにこだわる方針からでも東京代表を応援しないわけにはいかない。そして、久我山は驚くべき個人技が培われている高校生らしい夢のあるサッカーを見せてくれた。練習も野球と共用の狭いグランドで部員200人所帯、かつ大学受験も目指している... 続きを読む
  • 昼前から本格的な雨になってきた。(以降、サッカー記事……)今、遠藤、宇佐美のガンバが面白い。宇佐美のマグレみたいなシュートがよく決まる。そう、以前はマグレと思っていたが、ちゃんとずらしたタイミングでコースを狙い澄ましている、たいしたもんだ。メッシみたいに守備をせず、あまり動かない。他のチームであれば動かない選手は厄介な存在だろうが、長谷川健太の叱咤しながら自由にさせているからFWの持つ直観が生きるの... 続きを読む
  • 昨日のサッカー親善試合ブラジル戦、アギーレの真意はともかく、殆どJリーグ選抜みたいな先発メンバー構成で臨み惨敗した日本。『何故ベストメンバーで臨まなかったのか』とか賛否があるみたいだが、あれで良かったと思う。もし、W杯生き残りメンバー(もしそれをベストとすると)で挑み0-2ぐらいで敗れていたとすると…、1)やっぱりこのままのメンバーではだめだなの再認識か、2)出れなかった新戦力(若手)組の方が良かっ... 続きを読む
  • 鹿児島に帰省中の親子で我が家に立ち寄ってくれた。大隅半島、桜島など、限られた短い時間だったけど、ミニ観光!立派な社会人、もう一昔以上になるか…、一緒にサッカーを楽しんだ頃が懐かしい。... 続きを読む
  • 決勝はドイツ対アルゼンチンとなった。総合力 対 個人、統率 対 混沌、とでも言うか。ドイツは昔から定評のある身体能力を生かしたパワーに緻密なパスワークを加え、攻撃も守備も統率された総合力のあるチーム。一方、アルゼンチンはメッシを生かすために他の10人が献身的に攻撃も守備も走り回っている。メッシは相手2人を引き連れて好きなように自由に歩いている。(人数的にいうと何もしないで居るだけで役に立っていること... 続きを読む
  • 昨日のコートジボワール戦、残念な結果に終わった。あのドログバをあの時間帯まで出さなかったのは、コンディション不良だったのか、それとも混乱を見越してのラムシの作戦だったのか…。パルマでの元同僚、中田英寿との対談をみたが、時間にルーズのアフリカ人に規律をもたらすルール作りやチームとしてまとめあげる手腕はなかなかの監督になるだろうと思えた。そのラムシの采配、見事にはまった感がある。一方、日本側、第1戦が最... 続きを読む
  • 今回は久々にサッカーについて…。興味のない方は御勘弁を。今、BS1がおもしろい。プレミアリーグ、セリエA、ブンデスリーガと多くの日本人選手が欧州で活躍しているおかげでテレビ放送が増えたからだ。「結果が分かっているのを良く見れるね」とカミさんからは言われる。結果だけではないのだ…、と言っても理解してくれないだろうが…。先日のJリーグでも優勝争い、残留争いと久々に緊張したいい内容だった。結果はもちろん判... 続きを読む

新米農家

無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

大隅での農ある暮らしの直売所

直売所へはここからリンクできます。

プロフィール

新米農家

Author:新米農家
無肥料・無農薬・不耕起栽培の自然農を目指す新米農家です。
都会生活を脱し、新しくはじめた田舎暮らしのあれこれを綴っていきます。

コンパクト月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。 ここをクリックしてくださいね!

カウンター